ここから本文です

SMAP、関ジャニ∞ 丸山、KAT-TUN 亀梨…スポーツのルーツを持つジャニーズメンバーたち

リアルサウンド 8/23(火) 7:00配信

 華麗なダンスやアクロバットなど、運動神経抜群のイメージがあるジャニーズメンバーたち。その中でも特に得意とするスポーツのあるメンバーも少なくない。リオオリンピックが終わり、スポーツに注目が集まっている今、ジャニーズ内のスポーツマンたちをご紹介していきたいと思う。

■SMAP

 SMAPがブレイクするきっかけとなったのは、バラエティ番組『JOCX-TV PRESENTS 夢がMORI MORI』(フジテレビ系/1992年~1995年)である。人気コーナー「スーパーキックベース」が大流行したことで、「SMAP=スポーツ」というイメージが普及していったように思う。実際、SMAPは“Sports Music Assemble People”の略という説もあるだけあって、スポーツが得意なメンバーが多い。木村拓哉は長年剣道を習っており、映画『武士の一分』では見事な殺陣を披露した。草なぎ剛も同じく小学校6年間剣道を習っており、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)内で木村と剣道対決をしたこともある。また、スポーツ全般が得意であり、『SMAP×SMAP』の「草なぎ剛限界クイズ」ではあらゆるスポーツにチャレンジし、数々の記録を残している。中居正広はスポーツが苦手と言いつつも、幼少期は野球漬けの日々を過ごす野球少年。稲垣吾郎、香取慎吾はあまり運動が得意ではないようだが、SMAPの前身グループである「スケートボーイズ」時代はスケートボードに乗ってパフォーマンスをしており、運動神経が悪いわけではない。そんな5人は、冠番組である『愛ラブSMAP!』(テレビ東京系/1991年~1996年)でバスケットボールに挑戦したり、『SMAP×SMAP』で大運動会を行なったり、スポーツに関する企画を多く行なっている。そんなSMAPは、ジャニーズにスポーツの文化を定着させた存在と言っても過言ではないだろう。

■関ジャニ∞ 丸山隆平

 ダンスが苦手、太りやすい…とスポーツのイメージがあまりない丸山。以前放送された『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系/2011年~2015年)の「運動神経よい悪い」回では、メンバーの横山裕と共に運動神経が悪いと判定されたり、『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)の人気コーナー「イケメンカメラ目線スポーツ」では微妙な成績を連発したりしている。しかし意外にも丸山は学生時代陸上部に所属していた、スポーツマンである。その実力が発揮されたのが、ジャニーズJr.時代に出演していた『8時だJ』(テレビ朝日系/1998年~1999年)だ。先輩である滝沢秀明がメインで出演していたホノルルハーフマラソン大会では、空気を読まずに断トツ1位でゴールしたのだ。タイムは1時間28分57秒。中学生としてはかなり早いタイムである。今でこそ、運動神経の良さを見る機会は少ないが、再び丸山の運動神経をぜひ見てみたいと思っているファンも多いだろう。

■KAT-TUN 亀梨和也

 すっかり野球のイメージがついた、亀梨。その腕前は確かなもので、『Going! Sports&News』(日本テレビ系)でプロ野球選手たちを相手に実力を発揮する様子が話題になった。他にも、ジャニーズメンバーとしても様々な場面で野球の腕前を披露しており、例えば『J2000台湾大震災チャリティー野球大会「MARCH OF 2000』に出場して以来、ジャニーズの野球大会には必ず出場しピッチャーとして活躍。2016年4月13日に開催された『“東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会』でも、先発の中山優馬に代わりピッチャーとして登場。追加点を許さない活躍を見せ、見事チームを勝利に導いた。その野球の腕前を活かし、現在では『上田晋也×亀梨和也のGoing!野球』(日本テレビ系)、『Going!Sports&News』に出演したり、『Dramatic Game 1844』(日本テレビ系)の副音声実況を担当したりしている。スポーツの経験を、上手く仕事に活かしているジャニーズ代表格と言えよう。

 ここに挙げたメンバー以外にも、TOKIO 山口達也、KinKi Kids 堂本光一、V6 岡田准一、KAT-TUN 上田竜也、関ジャニ∞ 横山裕、Hey! Say! JUMP 知念侑李など、スポーツを得意とするメンバーは多い。2020年に向けてスポーツを盛り上げるためにも、ジャニーズ総出の運動会などが定期的に開催されることを期待したい。

高橋梓

最終更新:8/23(火) 7:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。