ここから本文です

「娘が先に生まれただけ」井上喜久子(17)の娘・井上ほの花(18)がTwitterを開始! 年齢ネタに乗っかって楽しむ人続出

おたぽる 8/23(火) 13:00配信

今月17日、声優歴25年以上のベテラン声優・井上喜久子17歳(51)の娘であり新人声優の井上ほの花がTwitter(@inoue_honokuma)を開始。話題を集めているのだが、Twitterを開始したことよりも井上が18歳、母親が17歳(?)ということをネタに楽しんでいる人が続出している。

 17日のTwitterには「Twitterはじめました! 井上ほの花です(キラキラマーク)よろしくお願いしますm(_ _)m」という挨拶と共に、デザートらしきものが乗った皿の向こうから少し顔をのぞかせる自身の写真をアップした。その後も、愛犬の“ミルキー”と戯れる写真や、自身が声の出演をするゲーム『ぷよぷよクロニクル』(セガゲームス)の告知、食べたパフェの写真などを公開し、Twitterを楽しんでいる。

 微笑ましい内容に「ワンちゃん可愛い!」「ぱふぇいいですね~」といったコメントが送られているのだが、より世間が気になるのは、プロフィールの文章のようだ。プロフィールには「オフィスアネモネ所属:新人声優の井上ほの花です☆ 私は18才母は17才です(おいおい)」と書かれており、しっかり母親・井上喜久子のネタを放り込んだ。

 この美味しいネタに食いついたファンは多く「年下の母とか時空が歪んでるな」「娘の方が先に生まれただけだろ」「娘は順調に歳取るんだ」「複雑な職業なんだろう」「宇宙の法則が乱れている!」といった声が。

 ほの花が歌手デビューを果たした時も、かなりの話題となっていた井上親子の年齢ネタ。“永遠の17歳”を宣言する“17才教”の教祖に君臨する喜久子の娘が17歳でゲーム『太鼓の達人』(バンダイナムコエンターテインメント)の楽曲で歌手デビューするとあり、「娘が同い年っていうのはいまだかつてないな」「0歳で産んだ娘とかwww」「ほう、娘も母親と同じ年になってたんか」と年齢いじりで大いに盛り上がった。

 そんな井上親子はかなり仲が良い様子。ほの花は喜久子の17歳ネタについて温かい目で見守っているようで、デビュー以前は喜久子の17歳ネタを見て「ママ可愛い!」と思っていたとか。また、カラオケに一緒に行くこともあるという2人。喜久子はほの花の歌声を「パワフル」と評価し、ほの花は喜久子を「声が透き通っていて癒される声」「ずっと聞いていられる」と互いにベタ褒めするほどの良好な親子関係を築いている。

 また、ほの花のデビュー後の番組出演時には喜久子がオフィシャルブログ「@m◇nbow」(◇=マンボウ表記) で「私の方が緊張して倒れそ~(>_<。)ひな鳥は本当に空を飛ぶことができるのでしょうか?(T_T)」と酷く心配。「正直不安でいっぱいですが、何よりも歌うことが大好きなので、笑顔で送り出したいと思います!!皆さまっにもご心配をおかけすると思いますが、どうかふんわりと見守っていただけたらありがたいですm(__)m」とファンに可愛い娘の門出を見守ってくれるようお願いしていた。

 娘が母親の年齢を追い越しても「井上喜久子(17歳)さんの娘が18歳という事実は、なんだか生命の神秘を感じさせてくれて胸が熱くなる」とファンは喜んでいる様子。これからもほの花が年を重ねるたびに喜久子との年の差ネタで楽しませてくれることだろう。

最終更新:8/23(火) 13:00

おたぽる

なぜ今? 首相主導の働き方改革