ここから本文です

新生ブラジル代表、リオ五輪優勝のU-23世代から4人選出。W杯予選で再出発

フットボールチャンネル 8/23(火) 7:30配信

 ブラジルサッカー連盟は22日、来月初旬のロシアW杯南米予選2試合に向けたブラジル代表メンバーを発表した。

【特集】美の競演…世界の美女サポーターたち

 コパ・アメリカでグループステージ敗退に終わったドゥンガ監督を解任し、チッチ新監督を迎えた新生セレソンはリオデジャネイロ五輪の優勝メンバーから23歳以下の選手を4人を選出した。コパ・アメリカにも出場したロドリゴ・カイオのほか、五輪で3得点を挙げた19歳のガブリエル・ジェズスらがメンバー入りしている。

 一方で、注目は広州恒大でプレーするパウリーニョの復帰だ。2014年のブラジルW杯以降代表から遠ざかっていたダイナモが2年ぶりに招集された。同じく中国で活躍している選手では山東魯能のジウと北京国安のレナト・アウグストが選出されている。上海上港の復帰や、江蘇蘇寧のアレックス・テイシェイラ、ラミレスはメンバーから漏れた。

 新たな監督を迎え再出発を図るブラジル代表は9月1日にアウェイでエクアドルで、同6日にホームでコロンビアと対戦する。

 チッチ監督が初めて選んだブラジル代表メンバーは以下の通り(カッコ内は所属クラブ。※はリオデジャネイロ五輪に出場した選手)。

▽GK
アリソン(ローマ)
マルセロ・グローエ(グレミオ)
ウェヴェルトン(アトレチコ・パラナエンセ)※

▽DF
ジウ(山東魯能)
マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)※
ミランダ(インテル)
ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)※
ダニエウ・アウベス(ユベントス)
ファグネル(コリンチャンス)
フェリペ・ルイス(アトレティコ・マドリー)
マルセロ(レアル・マドリー)

▽MF
カゼミーロ(レアル・マドリー)
ジウリアーノ(ゼニト)
ラファエウ・カリオカ(アトレチコ・ミネイロ)
パウリーニョ(広州恒大)
ルーカス・リマ(サントス)
レナト・アウグスト(北京国安)※
フィリッペ・コウチーニョ(リバプール)
ウィリアン(チェルシー)

▽FW
ネイマール(バルセロナ)※
ガブリエル・バルボサ(サントス)※
ガブリエル・ジェズス(パルメイラス)※
タイソン(シャフタール・ドネツク)

フットボールチャンネル

最終更新:8/23(火) 7:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。