ここから本文です

マインツ、五輪得点王のアーセナルFW争奪戦に参戦。ブンデス4クラブの争いへ

フットボールチャンネル 8/23(火) 7:40配信

 ブンデスリーガのマインツが、アーセナルに所属する21歳のドイツ五輪代表FWセルジュ・ニャブリに興味を示しているようだ。22日に英紙『エクスプレス』が報じている。

【写真】スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 同紙によると、マインツが新たなFW獲得を目指しており、ニャブリの獲得を狙っているとのこと。ヘルタ・ベルリンとRBライプツィヒ、アウクスブルクなどブンデスリーガ3クラブがすでに獲得を目指しており、マインツも加わることでさらに争奪戦の激しさが増しそうだ。

 ニャブリは昨年夏にウェスト・ブロムウィッチに期限付き移籍し、昨季途中にアーセナルに復帰していた。先日まで行われていたリオ五輪にもドイツ代表として参加しており、初戦のメキシコ戦で1得点、続く韓国戦で2得点、フィジー戦でも2得点、さらにポルトガル戦でも1得点を決め、4戦連発で合計6得点を記録していた。惜しくも優勝は逃したが、五輪得点王に輝いたニャブリ自身の評価は急上昇している。

フットボールチャンネル

最終更新:8/23(火) 7:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。