ここから本文です

スアレスと新加入MFの息はまだ合わず!? ピッチ外で思わぬアクシデントが発生

Football ZONE web 8/23(火) 12:47配信

バルサ練習場の駐車場でゴメスの運転する車が…

 バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、20日の開幕戦ベティス戦でハットトリックを決める活躍を見せ、6-2快勝の立役者となった。昨季のリーガ得点王は周囲と絶妙な連動性を示しているが、ピッチ外ではまだ息の合わない仲間がいるようだ。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 21日、チーム練習を終えたスアレスはトレーニングセンターから自家用車で出発する際にちょっとしたアクシデントに巻き込まれた。駐車場でスピードを緩めた瞬間、後方からポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスの車がスアレスの車の後部に衝突。バレンシアから6500万ユーロ(約75億円)の移籍金で今季加入したゴメスは警備員の指示に気を取られている間、スアレスの徐行に気づかなかったようだ。

 地元紙「スポルト」も「アンドレ・ゴメスがルイス・スアレスの車のリアに突っ込む」とレポートしている。

 だが、そこは選手間の雰囲気の良さで有名なバルセロナ。大きな揉め事に発展することはなく、スアレスはゴメスとともに笑顔で練習場から出発したという。28日の敵地アスレチック・ビルバオ戦では、駐車場と打って変わった好連携が期待されるところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/23(火) 12:47

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。