ここから本文です

JAPAN DRONE NATIONALS --- 中村 伊知哉

アゴラ 8/23(火) 16:30配信

JAPAN DRONE NATIONALS。
ハワイで開催される国際ドローンレース大会の日本代表選考会。
XEBIO ARENA仙台にて開催しました。会場は満席、立ち見。

FPV(First Person View:一人称視点)のレース。選手はパイロットと呼ばれます。ドローンに取り付けられたカメラから送られるリアルタイム映像をHMDで見ながら操縦し、タイムを競います。熟練になると100km以上の速さで飛ばします。

ドローンは自作。機体は十人十色です。
機体は最大330mm、プロペラは6インチ×3枚、ラジコン向け電波を使用。
選手はアマチュア無線4級の資格が必要です。

大型アリーナを使い、予選は1周のラップタイムを競います。準決勝はタイムではなく3周の順位制。決勝は5周レースの順位ポイント制。予選を通過した27選手が競いました。

赤、青、緑のポールやゲートを猛スピードでくぐったり回ったり。それを遠隔でゴーグル越しにドローンのカメラ映像をみながら操縦する。リアル会場でゴーグル映像も併せて見ると、こりゃ超人だ、ってうなります。

優勝候補は、慶應義塾大学4年 高宮悠太郎さん、ベテラン空撮カメラマン高橋亨さん、19歳の天才 岡聖章さん、ラジコンレース13連覇の音田哲男さん。

攻める、突入する、激突する。いろんな戦略があり、成功があり、失敗がある。予想以上のスピード感、迫力、波乱でありました。

優勝候補が競り合い、ぶつかり合う中、最後に試合を制したのは、それらを尻目に安全運転に徹した45歳3児の父・大和田浩二さんでした。あっぱれな戦いでした。

この試合はTBS-BSが放映しました。石井大裕アナ+宇垣美里アナ+FUJIWARA。TBSと吉本興業がタッグを組んでるんですよ。GYAO!で配信もしています。(http://bit.ly/2apvyhj)

ぼくも登場しています。2分ごろ。(http://bit.ly/2apvzBJ)

ぼくは解説者としてコメントしました。

◯ドローンの魅力は?
役に立つ、と、楽しい、の2つ。モノを運ぶ、人が行けない所の映像を撮る、という役に立つ面が注目されているが、その前に、楽しさをまずは広げたい。

◯楽しさとは?
飛ばす楽しさと、飛ぶ楽しさの2つ。ラジコンより敷居が低く、大人も子どもも簡単に空を飛ばせる。おもちゃドローンのたくさん現れた。そして、カメラで自分が飛んでいる感覚を味わえる。空を自由に飛びたいな、という人類の欲望をかなえてくれる。

◯競技の可能性は?
ドローンは電波や映像を使ったITスポーツ。五輪種目は19世紀までの農業社会のスポーツで、20世紀の工業社会にはモータースポーツが生まれ、21世紀の情報社会に期待されるのがこうした新競技。スターが生まれてほしい。

これには超人スポーツ協会も協力しました。
スポーツなんです。身体を駆使した戦い。
ぼくら超スポは、テクノロジーで誰もが超人になれるスポーツを開拓しているのですが、中でもドローンレースは21世紀型の、情報社会のスポーツ。
電波を使い、デジタルの映像で、操縦する。ITであり、VRであり、IoTなんです。

盛り上げます。よろしく。


編集部より:このブログは「中村伊知哉氏のブログ」2016年8月22日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はIchiya Nakamura(http://ichiyanakamura.blogspot.com/)をご覧ください。

中村 伊知哉

最終更新:8/23(火) 16:30

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。