ここから本文です

ヴィム・ヴェンダース監督が新たな3Dの可能性に挑戦 新作『誰のせいでもない』11月公開へ

リアルサウンド 8/23(火) 12:18配信

 ヴィム・ヴェンダース監督7年ぶりの劇映画「Every Thing Will Be Fine」が、『誰のせいでもない』の邦題で11月12日に公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルが公開された。

 本作は、カナダ・ケベック州モントリオール郊外を舞台にしたヒューマンドラマ。ある大雪の日に起こった事故によって、作家のトーマス、その恋人のサラ、編集者のアン、幼い少年の母ケイトーー1人の男と3人の女の人生が変化していく模様を描く。

 キャストには、『127時間』のジェームズ・フランコ、『ニンフォマニアック』のシャルロット・ゲンズブール、『スポットライト 世紀のスクープ』のレイチェル・マクアダムス、『潜水服は蝶の夢を見る』のマリ=ジョゼ・クローズらが名を連ね、『LOVE【3D】』のブノワ・デビエが撮影、『リリーのすべて』のアレクサンドル・デスプラが音楽を担当している。

 あわせて公開されたポスタービジュアルには、雪が積もった道路に停車した1台の車とともに、フランコ、ゲンズブール、マクアダムス、クローズの姿が描かれている。

 なお、本作は2D上映に加え、3D上映も行われる。ドイツの振付家ピナ・バウシュのドキュメンタリー『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』に続き3Dに挑むヴェンダース監督は、「人物の心の深い奥こそ3Dで語るにふさわしい」とコメントしている。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/23(火) 12:18

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。