ここから本文です

ヴェンゲル監督はドイツ代表DFを諦めない「アーセナルは獲得するつもりだ」

フットボールチャンネル 8/23(火) 8:10配信

 アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督はドイツ代表DFの獲得を全く諦めていないようだ。22日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

【特集】美の競演…世界の美女サポーターたち

 アーセナルはDFペア・メルテザッカーとDFガブリエル・パウリスタが負傷により離脱。パウリスタは6週間の離脱だが、メルテザッカーは来年まで出場できないと予想されており、守備陣の補強が必要な状態である。

 獲得交渉は難航しているがヴェンゲル監督は「移籍市場が閉まる前にスコドラン・ムスタフィを獲得するよ。今私たちが狙っている選手の中のひとりであり、まだ交渉を続けていく」と明かした。バレンシアのムスタフィにはかねてから興味が伝えられていたが、交渉は難航しているとみられている。

 アーセナルはボルトン・ワンダラーズからDFロブ・ホールディングを獲得しているが、十分な戦力を抱えているとは言いがたい。今夏、グラニト・ジャカ以外に主力選手を獲得することができないアーセナル。移籍市場の終盤に戦力を補強することができるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/23(火) 8:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革