ここから本文です

お騒がせな“奇人”ビエルサがマルセイユに出戻り就任? 酒井宏の新指揮官となるか

Football ZONE web 8/23(火) 16:39配信

仏誌が報じる 昨季開幕直後の辞任から約1年ぶりの復帰か

 今季からラツィオの監督に就任しながら、わずか2日で辞任するというお騒がせを演じたマルセロ・ビエルサ氏が、フランス1部マルセイユの監督として“出戻り”をする可能性が高まっているという。フランス誌「フランス・フットボール」が報じている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 現在、マルセイユはチームの身売り問題が勃発し、F1のロータスチームの代表を務めるジェラール・ロペス氏が新たな代表に就任する可能性が高まっているという。そのため、監督人事も新オーナーの意向が反映され、同誌は「全てが整った」と報じ、ビエルサ氏がマルセイユの監督に戻ることが確実だと報じている。

 ビエルサ氏は、7月6日にラツィオ新監督就任が発表されたが、クラブと約束した候補選手が獲得できていないとして、8日に辞任を発表。就任から辞任までわずか2日という衝撃の珍事を巻き起こしていた。

 ビエルサ氏は2014-15シーズンに、マルセイユを率いて戦っている。その時は、エースに据えたフランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャク(現ティグレス)が得点ランク2位の21ゴール、ディミトリ・パイェ(現ウェストハム)がアシストランクトップの16アシストと、攻撃のホットラインが機能してリーグ4位に入った。しかし、2年目となった昨季は、開幕直後の8月8日に辞任している。

2節終了時点で1分1敗と低調なスタート

 マルセイユは現在、すでに開幕しているリーグ戦で1分1敗の勝ち点1と苦しいスタートを切っている。今季から日本代表DF酒井宏樹が加入しているが、酒井がフル出場したトゥールーズとの開幕戦がホームでスコアレスドロー、第2節の敵地ギャンガン戦で酒井は出場機会がなく、チームは0-1で敗れている。

 エキセントリックな言動や行動が目立つものの、世界でも有数の戦術家の出戻りが決定的だとされるなかで、酒井の起用法にも注目が集まる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/23(火) 16:39

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。