ここから本文です

欧州サッカー界で五輪が軽視される理由。FIFAとIOCの対立。発端は「アマチュア条項」に【サッカー用語の基礎知識】

フットボールチャンネル 8/23(火) 10:20配信

 知っているようでよく理解できていない、そんなサッカー用語を普段見聞きしていることはないだろうか。語彙の面からサッカーに迫ることで、より深い理解が可能になるかもしれない。今回は「アマチュアリズム」をキーワードに、なぜ欧州サッカー界で五輪が軽視されるのかについて考えたい。(文:実川元子)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

FIFAとIOCの対立、発端は「オリンピック憲章」に

 リオ・オリンピック開幕一週間前、日本サッカー界に衝撃的なニュースがもたらされた。オリンピック予選から不動のFWとして日本チームを出場権獲得に導いた久保裕也選手のリオへの派遣を、所属するクラブ、ヤングボーイズが拒否したのである。

 クラブ側の拒否理由は、7月27日にウクライナで行なわれるチャンピオンズリーグ予選に久保を帯同させたいから、というもの。オリンピックが大好きな日本人の中には「オリンピック代表の名誉よりもCL予選をを優先させるのか?」と意外に思った人もいるだろう。

 今回のリオ・オリンピックにでは、FIFAはサッカークラブに選手を派遣させるように強制しなかった。だから日本と対戦したスウェーデンは、オリンピック期間中に国内リーグ戦が継続していることを理由に、52名もの選手の招集を拒否した。日本に勝利したナイジェリアも、欧州クラブに所属する選手は招集拒否している。

 欧州サッカークラブのオリンピック軽視の背景には、FIFA国際サッカー連盟とIOC国際オリンピック委員会との間で、一世紀近くにわたって続く対立がある。発端はオリンピック憲章にあった「アマチュア条項」だった。

アマチュアリズムの始まりは労働者階級差別から

 FIFA側がオリンピックにおける正式種目としてサッカーを認めたのは1908年ロンドン大会からだ。当初オリンピックのサッカー競技は、寄せ集めの選手がプレーする現在の草サッカーレベルだったらしい。

 だが1930年にFIFAワールドカップが始まって本格的に代表がしのぎを削るようになると、欧州各国のサッカー協会のオリンピックへの興味は一気に薄れた。19世紀末からイングランドを初めとして欧州ではサッカーのプロ化が始まっており、アマチュアリズムに固執するIOCと相容れなかったのだ。

 オリンピック憲章にあるアマチュア条項とは、アマチュアの選手しかオリンピックには出場できないとするものだが、「アマチュア」の解釈は各国によってさまざまで統一された規定はなかった。

 FIFAとIOCも「何をもってアマチュアとするか?」で意見が食い違った。1932年ロサンゼルス大会でサッカーが種目に入っていない理由も意見の対立にある。オリンピック期間中に選手が仕事を休んだら、その補償をするかどうか、が対立の要因である。アマチュアしか認めない、ということは、選手は他に仕事を持っていて当然である。スポーツが、労働とは無縁の有閑階級が励むものだった時代には起こりえなかった問題だった。そして休業補償を認めるとするFIFAに対し、それはアマチュア条項に反するとIOCは強硬に反対した。

 そこまでIOCがこだわってきたアマチュアリズムとは何だろう。近代オリンピックの祖、ピエール・ド・クーベルタン男爵は、「スポーツの価値は勝利ではなく、勝利をめざして努力することにある」と強調し、「オリンピックで重要なことは、勝つことではなく参加することだ」という名言(?)を残した(実際は別の人の言葉だったという説もある)。

 クーベルタン男爵がこだわったアマチュアリズムを守ろうと、IOCは20世紀半ばまで、賞金目当てで競技に出場する人だけでなく、プロと一緒に競技をした経験者や体育教師ばかりか、身体活動(つまり肉体労働)によって金銭を得ている労働者も参加資格なしとした。

 純粋にスポーツを愛好する人たちが競技する大会にしたかった、とも言えるが、スポーツを余暇で楽しめるエリート層による労働者差別思想だったという見方もできる。

1/3ページ

最終更新:8/23(火) 10:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革