ここから本文です

磐田、2nd未勝利もブレない名波監督。戦い方の継続と貫徹。J1残留に向け、勝負の終盤戦へ

フットボールチャンネル 8/23(火) 10:40配信

 J1セカンドステージ開幕後、0勝5分4敗と未だ勝利がないジュビロ磐田。20日の試合では鳥栖を相手に終了間際のPKで追いつき、連敗を3で止めた。なかなか良い結果が出ていない状況ではあるが、サックスブルーの指揮官・名波浩は戦い方を変えるつもりはない。(取材・文:青木務)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

格上相手の試合でポイントを稼げず

「ここから7試合がものすごくポイントになる。(勝ち点)1を3に、0を1にというサッカーをしていかないといけない。俺たちはステージ優勝を狙うチームじゃないし、11位、12位、13位くらいがちょうど身の丈だと思うので、足下を見ながらやっていく」

 明治安田生命J1リーグ2ndステージ第4節・ヴァンフォーレ甲府戦の前、ジュビロ磐田の名波浩監督はこう話している。格上相手に少しずつでもポイントを積み重ねていくことが重要だった。

 J1残留を争うライバルチームもこの期間で強豪との対戦があるため、磐田としては勝ち点を獲得することで下位との差を広げる狙いがあった。しかし、現実は思うようにはいかない。

 前節を終えて0勝5分4敗と磐田は2ndステージ未勝利が続いている。名波監督が重要視した7試合も4分3敗と、勝ち点3を取ることはできなかった。降格圏のチームも思うように結果を得られていないため年間順位は13位に留まっているが、残留に向けた厳しい戦いは最後まで続くことになりそうだ。指揮官は言う。

「下位チームの対戦相手を見たら、(磐田が勝ち星を重ねていれば)今は差が開いている予定だった。下位が強いところと当たっていて、俺たちも強豪と当たっていたけど、そこでひとつでも3ポイント取れていれば」

 下位チームが勝ち点を積み上げられないと想定し、磐田は白星を挙げていくというのが理想的なシナリオだった。しかし、描いた青写真のように事は運ばず、磐田もライバルに付き合う形で危険な位置を彷徨っている。

 下だけでなく上も見据える中で、あわよくば今季の第一目標である勝ち点40手前まで行きたい気持ちもあったという。「33、34くらいは稼ぎたかった」と指揮官。さらに「負けている相手に対して、少なくとも2勝はできたと思う」と、敗戦に悔しさを浮かべた。

1/5ページ

最終更新:8/23(火) 10:43

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。