ここから本文です

開幕戦でハット!残留決断のミランエースが“オファーの嵐”を告白「目まいがする程だった」

フットボールチャンネル 8/23(火) 18:40配信

 ミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカが、この夏にビッグオファーが届いていたことを告白した。イタリアメディア『スカイスポーツ』が報じた。

【動画】伊紙を魅了 ミラン本田の真骨頂、“多彩な美技”

 セリエA開幕戦のトリノ戦でチーム全てのゴールを叩き出し、ハットトリックを達成したバッカたが、チームを牽引するストライカーにやはり数々のビックオファーが届いていたようだ。

 バッカにはウェストハムを始め、バレンシア、バルセロナ、パリ・サンジェルマンなどへの移籍が噂されていたが、ミランに残留することを表明している。

 しかし、「目がくらむようなオファーが届いたよ。様々なクラブからいろんなオファーがやってきた。代理人の電話も鳴り止まなかったし、目まいがする程だった」と、引く手数多だったことを明かした。

 そんなオファーの嵐にもかかわらず、バッカは「ミランにとどまるべきだと思った。ミランをヨーロッパに連れて行くという目標があってここにやって来た。それを実現させるべきだと思った」と残留の理由を語った。

 昨季はリーグ得点ランク3位となる18ゴールを記録したバッカ。近年は低迷続きのミランにおいて大車輪の活躍を見せたエースだが、開幕戦でいきなりハットトリックを達成したように、今季も重要な存在となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/23(火) 18:59

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。