ここから本文です

GOODWARP、アニメ『うどんの国の金色毛鞠』エンディングテーマ担当 東阪で自主イベントも開催

リアルサウンド 8/23(火) 19:40配信

 GOODWARPが、10月より日本テレビ、西日本放送ほかでオンエアされるアニメ『うどんの国の金色毛鞠』のエンディングテーマとして初のバラード楽曲を提供することを発表した。

 同アニメは篠丸のどか原作で、“うどん県”=香川を舞台にした作品。オープニングテーマをWEAVERが、そしてエンディングテーマをGOODWARPが担当する。GOODWARPは原作を読んで楽曲を書き下ろしたとのことで、タイトルやリリース情報などは後日アナウンスされる予定だ。なお、1話の放送に先駆けて、東京・香川では先行上映会が開催される。

 また、冬には東京・大阪の2カ所で自主イベント『YOASOBI』を開催することも発表。同イベントはGOODWARPがシンパシーを感じるアーティストとともに行っているもので、これまでにVol.6まで開催されている。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/23(火) 19:40

リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。