ここから本文です

働く親にとって仕事で一番大切なのは「給与ではなくフレキシビリティ」

Forbes JAPAN 8/23(火) 16:30配信

多くの人々は、仕事について考える際、その給与や利点を重要視するものだ。しかし米求人情報サイトのフレックスジョブス(FlexJobs)の調査によれば、働く親にとっては、「柔軟な働き方ができること」がより重要なポイントになるという。



調査では、仕事に就く上で最も重視する要素を質問。すると、働く親の84%が働き方の柔軟性と回答し、その次にワーク・ライフ・バランス(80%)で、3番目に給与(75%)、4番目に健康保険(42%)という結果になった。

「働く親が、働き方の柔軟性を何よりも重視しているという結果は驚きだった」と、フレックスジョブスのブリー・レイノルズは言う。

彼らにとっての問題の一つは、子どもがいると時間に制約ができることのようだ。「子どもが幼くて託児所や幼稚園にいる間は、より仕事のスケジュールとのやりくりがしやすい」とレイノルズは言う。「だが就学年齢の子どもの場合は、子どもの時間と一般的な仕事の時間が合わなくなり、両立が難しくなる」

そして多くの雇用主は、従業員に柔軟に働く選択肢を提供していると言いながら、それを戦略的に行っている者はごくわずかだ。組織の方針として定めていても、具体的で従業員にとって理解しやすく、また利用しやすい制度を備えるには至っていない。

一例を挙げると、ジョン・モークは6年前、働き方の柔軟性が欠如していたことが理由でカジノでの人事の仕事を辞めた。「カジノは年中無休、24時間営業のビジネスだ」と47歳のモークは言う。特に娘が生まれた後は、家族と過ごす時間をもっと増やしたいと考えるようになり、新しい仕事を探し始めた。

現在、彼は以前よりもワーク・ライフ・バランスを提供してくれる企業で働いている。「社長は家族との時間を大切にすることを奨励しており、娘が病気の時は自宅で仕事をすることもできる。以前よりも融通が利く」。こう語るモークは2016年秋から博士号の取得に取り組む予定で、会社もそれを全面的に支援している。

1/2ページ

最終更新:8/23(火) 16:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント