ここから本文です

世界で最も稼ぐ女優、46億円でJ・ローレンスが2年連続1位

Forbes JAPAN 8/23(火) 23:50配信

ここ1年間に世界で最も稼いだ女優は、昨年に引き続きジェニファー・ローレンスだった。税引き前の年収は4,600万ドル(約46億円)で、2位のメリッサ・マッカーシー(3,300万ドル)に1,300万ドルの差をつけた。

【ランキング】世界で最も稼ぐ女優

ローレンスの収入の多くは、シリーズ最終作「ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション」の興行収入6億5,340万ドルの配当分と、未公開の「パッセンジャーズ(原題)」で前払いされた莫大な出演料によるものだった。年収は2015年の5,200万ドルから11.5%減ったが、トップの座にはとどまった。

現在45歳のマッカーシーは、「ゴーストバスターズ」で得た8桁台とも報じられている前払い報酬などにより、前年からの収入増加幅が今年ランキング入りした女優の中で最も多い1,000万ドルだった。マッカーシーの今年の収入は自己最高額で、スカーレット・ヨハンソン(3位、2,500万ドル)を超えた。

マッカーシーは、「全サイズ」の女性たちを対象としたアパレルブランドも立ち上げており、「女性たちを落胆させるのではなく、励ますためにできることがあるならば、なんだってする」とフォーブスに語っている。

フォーブスは今年も、ボリウッドから中国の新興映画業界まで、世界各国のスター女優の収入を調査した。ランク入りした女優の3割が米国以外の出身だった。中国人女優の范冰冰(ファン・ビンビン)は2年連続で、南アフリカと米国の二重国籍のシャーリーズ・セロンは2013年以来3年ぶり、そしてインド女優のディーピカー・パードゥコーンは初のランク入りを果たした。

映画界では賃金格差が今も根強く、ランク入りした女優らの9割が女優業以外の収入源を持っていた。中でも突出しているのが2,100万ドルで4位につけたジェニファー・アニストンで、エミレーツ航空や、ボトル入り水ブランドの「スマートウォーター」、スキンケア用品の「アビーノ」、化粧品の「リビング・プルーフ」の広告で多くの出演料を得ている。

ランキング入りした10人の2015年6月1日~16年6月1日の手数料・税引き前収入は合計2億500万ドル。年収が2,000万ドルを超えた女優は前年の3人から4人に増加したが、男優ではこれが18人だった(男優の年収ランキングは25日に発表予定)。

ランク入りした女優らの年収は、多くの人が夢見る額を凌駕するものだが、男優の収入に比べるとわずかだ。トップ女優らは大作に出演すれば8桁台の前払い報酬と興行収入に応じた配当を受け取ることができるが、女性にこうした役柄が用意されている映画は男性と比べて少ないのが現実だ。実際に最近の調査で、映画に登場するせりふ付きの役で女性が占める割合はわずか28.7%という結果も出ている。映画の中での女性の役割は、男性にとっての「目の保養」であることが多い。女性キャラクターは出演時間の三分の一でセクシーな衣装を身にまとい、ヌードを披露するキャラクターの割合も女性が33.4%なのに対し、男性は10.8%だ。

「ルーム」で今年のアカデミー賞主演女優賞を獲得した新人ブリー・ラーソンも、自身の苦い経験を語っている。「オーディションでキャスティング担当者にこう言われることがしょっちゅうあった。『すごくいいね。君のことをすごく気に入ったけど、今度はデニムのミニスカートとハイヒール姿でまた来てくれないかな』」

映画界はまた、女性に対する年齢差別でも有名だ。だが興行収入に対する影響力と配当分により、ランキング入りした女優らの一部は自身の高収入を確保することに成功している。ランク入りした女優の半数が40歳以上で、26歳のローレンスは最年少かつ30歳未満でランク入りした唯一の人物だった。映画に登場するキャラクターのうち40歳以上の割合はわずか35%で、女性が演じるのはそのうちの21.4%だ。

ランキングの算出に当たっては、ニールセン、ボックス・オフィス・モジョ、IMDBがまとめた数字に加え、エージェントやマネジャー、弁護士へのインタビューの内容を加味した。

Natalie Robehmed

最終更新:8/24(水) 9:08

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。