ここから本文です

INORAN:人生観を込めた『Thank you』は「まだまだ長い旅の途中」(前編)

ローリングストーン日本版 8/23(火) 12:00配信

来年、ソロ活動20周年を迎えるINORANの11枚目となるニュー・アルバム『Thank you』が、8月24日にリリースされる。

INORAN:音楽人としての決意と覚悟「ロックはメインにいなきゃいけないんだよ」(後編)

インタヴュー前編では、10枚目という節目を迎えた前作『BEAUTIFUL NOW』を継承しながらも、"感謝"というシンプルな想いが全面に込められた最新アルバムについて、INORAN自身に深堀りしてもらった。

−前作『BEAUTIFUL NOW』が自他ともに認める傑作だっただけに、本作をどんなモチベーションで制作したのかすごく気になります。

ノープランでしたね。近年、ライブが自分の中ですごく重要な位置を占めていて、前作『BEAUTIFUL NOW』での感触も良かったので、とにかくツアーをやりたいなと。そのためにはアルバムを作らなきゃいけないなあって。"ライブの熱を感じたい"って欲が出発点ですね。

—限られた時間の中でコンスタントにソロアルバムをリリースしツアーを回るだけでなく、様々なプロジェクトにも参加し続けるため、日々プレッシャーと戦っていると思います。で、前作のツアーの後、よっぽど空っぽになったんじゃないかと案じてしまうけれど、INORANはどうやって曲作りのアイデアやモチベーションをリカバーしているのでしょう?

枯れることはないんですよね。リリース・パーティーでも言ったけど、音楽制作は日記みたいなもので、お腹いっぱいで食えないって状況はあっても、人間は生きていくためには食べるでしょ。俺も音楽で生きていくために作る。ライブって、出すっていうことだけじゃなくて、出すと同時に受けるというか。もらうというか、吸収するというか。だから枯れることはないんですよ。それがいい質のものかは作ってみなきゃわからないし。

—今までのキャリアの中で、"枯れるかも"って不安にかられたことは?

"枯れるかも"はないけど、"やめたいな"と思う時はいっぱいありましたよ。人間関係も含めてね(笑)。でも、ちょっと経てばまた作りたいっていう気持ちになってる。だから、"枯れる""枯れない"って考えてないっていうか。楽天的に考えていれば、なんだかんだ必ず降ってくると思う。

—今回のアルバムのラフスケッチにあたる曲作りの時間は2週間だったそうですが、かなり限られた時間ですよね。どんな風に曲作りしているんですか?

その場の空気を吸って、目に入るもの見て、書き始めるって感じかな。『BEAUTIFUL NOW』の時みたいなスピード感はなかったけど、2週間でアルバムの曲を作るなんて、もともとバカみたいな段取りじゃん? でも、一回できちゃうともう一回できるかもって錯覚で思っちゃうんだよね。その錯覚に飛び込んでいったっていう感じ。飛び込んでみたら、まあできそうかなって(笑)。

—基本はリラックスした感じで?

日によるかな。酒飲みながらやる時もあるし。飲んだから不真面目になるわけでもないし、気分を乗らせるために飲みながら作る時もありますね。

1/3ページ

最終更新:8/23(火) 12:10

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。