ここから本文です

「お金持ちの役目」を果たすお金持ちが増えている

JBpress 8/23(火) 6:00配信

 トマ・ピケティが「21世紀の資本」を発表して世界に衝撃を与えてからが約2年が経った。資産家の資産は減りにくいと論じたこの本には賛否両論があるようだが、私自身はこのような定量的なアプローチにはあまり興味がない。富裕層の個人顧客との定性的な会話の中で発見することのほうがよほど多く、現実の世界が見えてくるからだ。

 その一例として、2016年になってからニューヨーク、シンガポール、日本で見聞きした「世界の富裕層の投資スタイルの微妙な変化」について紹介したい。

■ 2人の富裕層から持ちかけられた相談

 「ファミリーオフィス」という言葉をご存じだろうか。一言でいえば、資産家一族の資産防衛のためのチームである。「弁護士や税理士、そのほかのコンサルタントなどがチームを組み、一族の問題解決に向けて徹底的な手を考える団体、会社」と捉えていただければよいと思う。日本にも資産管理会社というものが存在するが、もう少し本格的だ。

 今年2月にニューヨークで出会った、あるファミリーオフィス一族からこんな相談が持ちかけられた。

 「アジアに投資したいマーケットがあるんだが、フィジビリティ調査をお願いできないだろうか。

 私の友人が農業で成功しているようなんだ。胡椒とかシナモンとかさ。そう、いわゆる調味料になるやつだね。調味料マーケットで買収できるような候補があれば、それもリストアップしておいてほしい。私の祖先もオリーブオイルで財を成しているからね。農業はある意味、ふるさとなんだよ」

 また、シンガポールのファミリーオフィス会合で出会ったスコットランド出身の女性投資家からは、次のような依頼を受けた。

 「ねえねえ、私のまわりで、事業に寄付をするよりも、寄付型の事業をファミリーオフィスの中に組み込む人が増えているのよ。

 私は、スコットランドの古い教会を買ってリノベーションして、アジアの富裕層に結婚式とハネムーンに来てもらう寄付型の事業を考えているの。“デスティネーションハネムーン”っていうんだってね。ゴルフ場も近くにたくさんあるから日本の富裕層もマーケットしたいのよ。協力してくれない?」

 この2つの話は、単なる新規事業の相談としてはよくある話かもしれない。アイデアがあり、資金調達を段階的に実施し、事業展開をしていく、という普通の形であれば。

 ただし、「ファミリーオフィスが自らのアイデアをもとに事業を始めようとしている」と捉えると、とても珍しい話だ。なぜなら、「現在の資産を金融商品に投資して資産保全する」というのが、ファミリーオフィスがファミリーオフィスたる所以だからだ。

 ハーバードビジネススクールのウィリアム・カー教授はこのような動きを「ベンチャーフィランソロピー」と名付けている。私が実際に見聞きしている限り、世界の富裕層がベンチャーフィランソロピーという考え方を取り入れているのはほぼ間違いない。

■ あらゆる産業で動き出す2兆円の新たな資本

 私はこの10年間、公益社団法人日本フィランソロピー教会の会報誌に「富裕層 あ・い・う・え・おの法則」と題した連載を執筆している。「愛・運・縁・恩 あいうえお」という副題をつけているが、いよいよ世界の富裕層が自分の資産の一部を「事業オーナーになるための投資」に振り向ける時代がやってきた、とみている。

1/2ページ

最終更新:8/23(火) 12:35

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。