ここから本文です

藤森慎吾、アフレコは「圧倒的に僕の方がうまい」 宮川大輔は藤田ニコル母と“同い年”に衝撃

エンタメOVO 8/24(水) 19:18配信

 映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影〈シャドウズ〉』公開直前イベントが24日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版声優を務めた宮川大輔、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、スペシャルゲストとして藤田ニコル、田中若葉、鶴嶋乃愛、東海林クレアが出席した。

 前作から2年たって公開となる本作の日本語吹き替え版では、タートルズの宿敵・ロックステディを宮川、ビーバップを藤森が担当した。それぞれ役の衣装で登場すると、宮川は「絵(映像)に声をあてていくというのは初めてやった。絵のないところもアドリブでやったのですごく難しかった」と感想を語った。

 藤森とは別々の収録になったため、「僕が先にとったので掛け合いの部分がすごく難しかった。普通は後輩が先にとって先輩をやりやすくするものなのに、俺が真っ白なところに入れた」と苦情を漏らした。これに藤森は「僕は大輔さんの声を聞きながらやれたので、出来上がりを見ていただくとわかるけど圧倒的に僕の方がうまい。(アフレコの)経験も僕の方があるので」と自信をのぞかせ笑いを誘った。

 藤田率いるモデル4人組はタートルズそれぞれのカラーをイメージした衣装に身を包み、映画の“前哨戦”として宮川&藤森とのガチンコ対決に挑んだ。「たたいて亀って(かぶって)じゃんけんぽん!」のあとはウオーキングで対決し、宮川と藤森はよろよろになりながらも亀の子たわしカーペットを素足で歩いて盛り上げた。

 藤田は敵キャラ2人の衣装に「なんだかチャラいですね。ゴツめですごく格好いい。いかしていると思います」と好印象だったが、背を丸めてカーペットを恐る恐る歩く姿には「ウオーキングとしては最悪」と辛口評価。また、「もう43歳やで」とつぶやく宮川には「うちのお母さんと同い年だ!」と大喜び。宮川は「マジで!? やめて! ダメージでかいわ!」と衝撃を受けていた。

 映画は8月26日から全国ロードショー。

最終更新:8/24(水) 22:51

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!