ここから本文です

マルイが『青空エール』のコラボショップ 期間限定でオープン

オーヴォ 8/24(水) 12:55配信

 マルイは、現在上映中の映画『青空エール』の公開を記念して8店舗(北千住マルイ、なんばマルイ、大宮マルイ、マルイファミリー海老名、神戸マルイ、新宿マルイ アネックス、丸井川崎店、丸井水戸店)で期間限定のコラボショップをオープンしている。

 累計発行部数が400万部を突破した河原和音氏の「青空エール」は、甲子園のスタンドで野球部を応援することに憧れる女子高生・小野つばさと、クラスメートで野球部員・山田大介のひたむきな「青春」ストーリー。マルイでは、オリジナルグッズの販売のほか、「エール体験フォトボード」イベントや映画パネル展示などを開催する。このフォトボードは、その場で「青空エール」のオリジナルフレームの写真を撮ったり、撮影した画像にエールメッセージを自由に書ける、誰でも参加できるデジタルフォトボードだ。

 なお、新宿マルイ アネックス、なんばマルイ、神戸マルイ、丸井川崎店、マルイファミリー海老名の5店舗のコラボショップ内では、景品の当たる抽選会も実施する。開催期間は店舗によって異なるので、各店舗のホームページでチェックしよう。

最終更新:8/24(水) 13:03

オーヴォ

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。