ここから本文です

若林が“しくじり課外レポート”で有名漫画家を訪問

Smartザテレビジョン 8/24(水) 6:02配信

8月29日(月)夜7時放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)では、“しくじり課外レポート”と銘打ち、若林正恭が漫画家・のむらしんぼ氏の元を訪れる。

【写真を見る】大ヒット漫画家・のむらしんぼ氏がしでかしたとんでもないしくじりとは!?

のむら氏は大ヒットコミック「つるピカハゲ丸」(小学館)の作者として知られる人気漫画家。

同作は、総発行部数400万部、単行本のみの総売り上げは15億円以上を記録し、小学館漫画賞児童向け部門受賞するなど、そうそうたる記録を残し、かつて日本中の小学生を魅了した人気作だ。

そんな大ヒットを飛ばしたのむら氏が犯した、とんでもないしくじりを若林が教室を飛び出し取材。そのロケVTRを見ながら若林が授業を行う。

また、番組ではお笑いコンビ・天津の木村卓寛が“安易に下ネタに手を出して将来真っ暗になっちゃった先生”として登場。

さらに、中田敦彦が世界の偉人たちのしくじりを語る「しくじり偉人伝」の第6弾として、天才芸術家パブロ・ピカソのしくじりを講義する。

最終更新:8/24(水) 6:02

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。