ここから本文です

ディーン・フジオカ 中国武術の達人とその母と銀座で寿司・観光

NEWS ポストセブン 8/24(水) 16:00配信

 8月中旬の週末、ネオンきらめく東京・銀座の路上。なにやら陽気な東洋系の男性2人組が肩を組んで「イェーイ」と声を上げたり、大きな一眼レフカメラで記念写真を撮影したりと楽しそう。あれッ、もしかして“おディーン様”こと、ディーン・フジオカ(36才)ではないですか!

 ディーン様は10月から始まる連ドラ『蘇る男』(TBS系)で、織田裕二や中谷美紀と共演することが決まっていて、そろそろクランクイン。この日も撮影かと思いきや、束の間の夏休みを満喫していたよう。

 ダークカラーのTシャツ、ハーフパンツにリュックというカジュアルなスタイルで、足元は黒いナイキのスニーカー。涼しげな目元はサングラスで覆われていた。

 しばらく歩いたご一行は、カジュアルな寿司店にご入店。寿司をつまみながらも何やら知人の耳元で話したり、急に笑ったり。

「一緒にいた男性は台湾人で、中国武術の達人です。ディーンが日本でブレークする前、主に台湾で活動して人気俳優だったことはよく知られていますが、その時に彼に武術の指導を受けていたそうです。その日、武術の先生が母親と一緒に来日していたので、“東京観光に”と銀座に連れて行ってあげたそうですよ」(芸能関係者)

 さすがディーン様、中華圏でも今や大人気の寿司に招待し、達人もそのお母様も満足げ。その後、3人はサラリーマン行きつけの高架下の居酒屋方面に消えていった。

※女性セブン2016年9月8日号

最終更新:8/24(水) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。