ここから本文です

真剣佑&村上虹郎、撮影が終わったらもう会わない!?

Smartザテレビジョン 8/24(水) 10:02配信

ドラマ「仰げば尊し」(TBS系)に出演中の真剣佑と村上虹郎。2人が演じる木藤良蓮(真剣佑)と青島裕人(村上)は幼なじみで一緒のシーンも多い。そんな2人に緊急インタビュー!

【写真を見る】撮影の際に、村上の顔をのぞき込む真剣佑。それに応えるような村上のこの表情

村上:僕ら、2人だけだと普段一緒にいてもあまり話さないんですよ。太賀くんとか“おちゃらけ組”(笑)がいると話すんですけど。

真剣佑:基本的に2人とも静かだし。

村上:仲が悪いってわけじゃないんですけど。もしかしたら僕は嫌われてるかもしれないけど(笑)

真剣佑:それは、どうかな(笑)。というのは冗談で、本当に気を遣わなくていい相手なんです。

演じる役について「登場する率が高いわりに台詞が少ない」と口をそろえる2人。だからこその難しさと面白さを感じているようだ。

村上:これだけ王道な話だから、僕らはアドリブを入れづらいんです。その中でいかに心境が変わった感を出すかっていうのが大事だと感じています。

真剣佑:そういう難しさ、あるね。ただ、演じるごとに木藤良と裕人により近付いてきてる気はします。

そう語る2人だが、ドラマがいよいよ佳境に。クライマックスについて尋ねると―。

村上:木藤良と青島は自分の道を歩みながらも、吹奏楽部のメンバーと共に闘っているんだっていう気持ちが強まっていたらいいですね。部の一員でもあり、2トップとしてみんなを引っ張ってもいく…と、監督に言われました(笑)。

真剣佑:言われたね(笑)。僕は、木藤良も裕人ももっと人間を好きになってたらいいなと思います。頼り、頼られ、信頼して。大きな人間になっていてもらいたいです。

 今作が初共演の2人。同い年なのに加え、キャリア年数や海外生活の経験など多くの類似点がある。

村上:今まで同い年の俳優仲間がいなかったから、こうして仲間が増えていくのはうれしいですね。でも、真剣佑とはドラマが終わったら会わなくなるだろうなぁ(笑)。けど、それでいいと思うんです。次に会うのは仕事で。死ぬまでにまた絶対共演しようぜっていう感覚も好きだから。それに、どう考えても真剣佑はもっと高い所へ行くんじゃないかと。お互いのフィールドは変わっても、もっとデカい場所で必ずまた会う気がするんです。

真剣佑:そうありたいよね。

役者仲間として、互いを認め合う2人。だが、ドラマの中では、8月28日(日)放送の第6話で殴り合いのケンカをしてしまう。発売中の週刊ザテレビジョン9月2日号では、ケンカの原因、そしてこのインタビューの全文を掲載している。

profile●まっけんゆう='96年11月16日生まれ、アメリカ・ロサンゼルス出身。9/10土公開の「にがくてあまい」、10/8(土)公開の「少女」など待機作が控える/むらかみ・にじろう='97年3月17日生まれ、東京都出身。舞台「シブヤから遠く離れて」が12月上演、「エレクトラ」が17年4月に上演される

最終更新:8/24(水) 10:02

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。