ここから本文です

「性的嗜好」か「アート」か!?“おしりとひかがみ”だらけの異空間

東京ウォーカー 8/24(水) 11:30配信

100人のモデルがいれば同じおしり、同じ構図は存在しない。そんな部分にアートの可能性を感じてほしい、という思いから生まれた写真展が実現する。

【写真を見る】“おしりとひかがみ”だらけの異空間をチラッと公開!(11点)

これまで約1万作品以上のおしりなど、フェティッシュなモチーフの作品を撮り続けてきた伴田良輔氏の個展「おしりとひかがみ展」が、東京・浅草橋の「TODAYS GALLERY STUDIO」で9月2日(金)から9月25日(日)まで開催される。

おしり・ひかがみを合わせた作品数250点以上を展示予定。“おしりとひかがみ”だらけの異空間で、A0サイズの特大作品なども公開される。

今回はあまり馴染みの少ない、ひざの裏側のくぼんでいる部分である“ひかがみ”にも焦点が当てられ、「ひかがみの間」がみどころの一つ。ギャラリー内の小展示スペースに設置された大型モニターに、ひかがみだけが映し出されることによって、より濃縮されたひかがみの世界を体験できる。

また、作品の展示販売や会場限定アイテムも販売される他、先着3000名には特典として、「おしりとひかがみのオリジナルポストカード」をプレゼント。さらに、渋谷マルイで9月3日(土)から9月19日(月・祝)まで行われる、「ふともも写真の世界展」と両会場に入場した場合の「はしご特典」も準備されている。

会場内撮影やSNS投稿も許可され、“フェティシズムアート”を気軽にシェアすることが可能。性的嗜好か、はたまたアートなのか。おしりとひかがみを見据え、自分なりの答えを見つけてみてはいかがだろうか。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:8/24(水) 11:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

東京ウォーカーの前後の記事

なぜ今? 首相主導の働き方改革