ここから本文です

「とと姉ちゃん」常子は仕事に専念し、もう恋はしない!?

Smartザテレビジョン 8/24(水) 14:41配信

間もなく最終回を迎える夏ドラマ。家族の問題や恋愛、仕事に奔走する主人公たちの運命やいかに? ドラマ好き読者500人に妄想結末アンケートを実施! 民意を反映した展開やエンディングになるのか、夏ドラマから目が離せない!

【写真を見る】常子は15年ぶりに星野と再会を果たす。大人になった2人の胸のうちに秘められた思いとは…

■亡き父と約束し、家長としてまい進してきた常子に新たな恋の予感は?

戦争で犠牲になった女性たちのため、花山(唐沢寿明)、妹の鞠子(相楽樹)、美子(杉咲花)と共に、雑誌「あなたの暮し」を創刊した常子(高畑)。廃刊の危機に掲載した広告をめぐり、花山と一度は決別するも、2人は再び同じ道を歩きだす。毎回、花山が生み出す目玉企画は評判になるが、経営はまだまだ前途多難…。

8月29日(月)からの第22週では、そんな常子とかつて常子にプロポーズした星野(坂口健太郎)が再び急接近! 亡き父と約束し、家長としてまい進してきた常子に新たな恋の予感は?という質問にドラマ好き読者の回答は「(1)仕事に専念し、恋はしない…44.0%」「(2)星野と再会して結婚…24.0%」「(3)花山にひっそりと片思い…22.0%」「(4)妹たちを嫁に出した後にお見合い…10.0%」という結果に。

常子には星野のプロポーズを断った過去があり、この先再会する星野と結婚すると予想する人はわずかに24%で、「家族思いなので、自分のことは考えていない」(大阪・41歳)、「仕事を優先すると思う」(神奈川・56歳)と、恋はしないという意見が半数近く。「星野と結婚しなかったのだから、常子の目にかなう相手はそうそういない」(広島・46歳)など、そもそも常子と出会う男性側にも問題ありなのでは?という声も上がった。

発売中の月刊ザテレビジョンでは、今回紹介した連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のほか、「そして、誰もいなくなった」、「仰げば尊し」、「好きな人がいること」、「せいせいするほど、愛してる」への読者500人からの妄想アンケート結果、エンディング予想、コメントを掲載している。

最終更新:8/24(水) 14:41

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。