ここから本文です

声優・小松未可子&安済知佳インタビュー第2弾!

Smartザテレビジョン 8/24(水) 16:00配信

テレビアニメ、劇場アニメなど話題の新作アニメに注目し、出演者のインタビューを通して作品やキャスト・スタッフの魅力を紹介する。

【写真を見る】安済は「第8話を見ていただいた後には、EDの映像の見方も変わると思いますし、歌詞についてもトーコのことを考えて見ていただけるとうれしいです」と語る

テレビ東京ほかで放送中のアニメ「タブー・タトゥー」(毎週月曜深夜2:05-2:35ほか)は、「月刊コミックアライブ」(KADOKAWA刊)で連載中の異能バトルアクション漫画をアニメ化。

少年・セーギこと赤塚正義は、偶然“呪紋”と呼ばれる超化学兵器の力を手に入れる。翌日、セーギは帰宅途中に季節外れのコート姿の少女・イジーに襲われたのをきっかけに、“呪紋”に秘められた謎と国家間の陰謀に巻き込まれていく。

突如現れセーギと共に戦うことになるブルージィ=フルージィことイジー役の小松未可子と、セーギの幼なじみでありクラスメートの一ノ瀬桃子(トーコ)役の安済知佳へのインタビュー第2弾。2人がキャラクターとして歌うEDテーマ「EGOISTIC EMOTION」の収録の様子や聴きどころについて聞いた。

――アニメのアフレコをしている中でのEDテーマのレコーディングはいかがでしたか?

安済知佳:別々の収録だったので、先に録っていたみかこし(小松)の曲を聴いて「あ、イジーだ!」と、キャラクターのイメージそのままでした。歌詞も曲も格好良くて、イジーの格好良さが出ています。

小松未可子:トーコが歌う姿は想像できるんですけど、ユニットということでこの楽曲にはめた場合「トーコがどんなふうになるのか」で違ってくると思っていたので、そこは考えました。ですが、歌の中で、物語に沿ってトーコを連れてきた感じがあったので、私はすんなりできましたね。

――では、お二人とも順調に収録に臨まれたと?

小松:そうですね。順調だったのかなと思います。

安済:私は…行ってとりあえず「どう歌ったらいいですか!?」と聞こうと思っていました(苦笑)。曲としての練習はしていましたが、“トーコで”というところがどうしても自分の中に落ちてこなくて。みかこし(小松)の歌を聞いて、「イジーが全部表現してくれているから、トーコだと分かればいいな」というのが、私の曲に対する最終目標になりました。でも、最初は「気にせず歌ってみよう」ということで歌ってみたら、みかこしとどちらの声か分からないくらい重なってしまっていて。自分の経験したことのない声でずっと歌っていたので、自分の声とは思えませんでしたね。

――「キャラソン」を歌うにあたって意識していることはありますか?

小松:私はレコーディングの時に、横にキャラクターの画を置いて臨みますね。アフレコの時もそうなんですが、現場で“ON”にして、脳内でキャラクターに歌わせているみたいな感覚です。

安済:私はうまく歌うというより、気持ちを大事にしています。キャラクター個人の歌だと、歌詞や曲調はその子をイメージしているので「その子が一番伝えたくなるのはどこだろう?」と考えることが多いです。今回はどちらかのキャラクターや物語性に沿った歌詞ではなかったので、EDとして、トーコとしてイジーと歌う意味なんかは考えましたが、難しくてディレクターの方にお任せした感じです。キャラソンは、キャラクターの見方が変わることもあって、それがアフレコに生きることもあり面白いジャンルだと思います。

――今後、ユニットとして歌を披露する機会があった場合、こんなステージにしたいなど希望はありますか?

安済:歌う機会があったら「トーコの声を意識しなくていい」と言われているので、それこそコーラスとかで(笑)。

小松:「EGOISTIC EMOTION」の方は、2人が寄り添って世界を憂いているというイメージですが、カップリング曲はバトルシーンで使われるような曲になっています。なので、歌えるなら歌で戦っているようなステージにしたいなと、シミュレーションしています(笑)。

――最後に「EGOISTIC EMOTION」を聴くポイントがあれば教えてください。

小松:歌い出し部分ですね。イジーは失った物が大きいですが、逆に得た物もあって。見た目通りの年齢の感性ではないので、複雑な思いを踏まえての、あの音階であり、詞なんだなと思いました。そこを意識しながら歌いましたので、そこに注目して聴いていただきたいです。

安済:歌詞や曲も良いですが、第8話を見た後はEDのアニメーションの見方が変わると思います。歌詞は、登場するキャラクターみんなに当てはまることでもあると思うのですが、第8話を見て「トーコがこんなことを思ってたのかな?」「こんなふうにトーコのことを思ってたのかな?」と、考えてみていただけるとうれしいですね。皆さんの反応が楽しみです。

最終更新:8/24(水) 16:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。