ここから本文です

渋谷ヒカリエで鎧塚シェフ監修の期間限定スイーツイベント開催中

東京ウォーカー 8/24(水) 17:01配信

渋谷ヒカリエにあるスイーツ・ショップ「Yoroizuka Farm Tokyo」にて、茨城県産の旬のフルーツを使った「茨城スイーツフェア2016」が、8月22日から31日(水)まで開催中だ。

【写真を見る】ハチミツ風味のバウムに茨城県産の旬のフルーツをトッピングした「バウムIBARAKI」(2420円)

テーマとなるフルーツは、アールスメロン(鉾田市)、ナシ(下妻市)、イチジク(稲敷市)、黒小玉スイカ(筑西市)の4品。夏から秋にかけて旬を迎える茨城県産のフルーツが、鎧塚シェフ監修で洗練されたスイーツに生まれ変わる。

期間中は、ハチミツ風味のバウムに茨城県産のフルーツをトッピングした「バウムIBARAKI」(2420円)をはじめとするスイーツが続々登場する。鉾田市のアールスメロンは、ふわふわ食感のスポンジを組み合わせた「茨城メロンショート」(550円)、バニラムースやリンゴのジュレを添えた「クープ茨城メロン」(500円)として提供。黄緑色の鮮やかな果肉と、生クリームやバニラムースの白のコントラストが目にも涼しいスイーツに仕上げている。

この他、下妻市の和梨をしっかりと完熟させてアールグレイ紅茶のジュレと合わせた「下妻甘熟梨」(530円)や、カットした筑西市の黒小玉スイカに天然塩を忍ばせたカップデザート「クープ誘惑のひとみ」(510円)、稲敷市のフレッシュなイチジクをたっぷり乗せたタルト「稲敷」(530円)がラインアップ。どれも素材そのものの味わいを十分に引き出した、見た目も美しいゴージャスな1品だ。

さらに、8月27日(土)14:00からは鎧塚俊彦シェフが来場して期間限定スイーツのピーアール販売も行う。茨城県産の旬のフルーツを使ったスイーツイベントは31日(水)までなので、近くに行く機会があればぜひ足を運んでみて。【東京ウォーカー】

最終更新:8/24(水) 17:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。