ここから本文です

哀川翔が人生相談に真剣回答!仕事からカブトムシまで悩みを解決

東京ウォーカー 8/24(水) 17:08配信

俳優の哀川翔さんが8月18日(木)に、ニコニコ生放送の生番組「哀川翔が恋愛・遊び・仕事の悩み相談に真剣回答 【一翔両断!】」に出演した。

【写真を見る】モデルのまつきりなさんやタレントのカブトムシゆかりさんの人生相談に回答

同番組は、哀川さんが俳優、歌手、レーシングドライバーなど多岐に渡る芸能活動で培った快活に生きる知恵をもって、様々な人生相談ついて回答。「人の悩みだから。俺の悩みじゃないから」という哀川さんは、ゲスト相談者の悩みをバッサバッサと解決した。

モデルのまつきりなさんが自身を「台本通り女」と例え、トーク力に関する悩みを持ちかけると、「台本通りでいいんじゃない」と一言。「俺、台本通り好きだもん。映画とかドラマとかやっているけど、台本通り。アドリブ一切ないから」と告白した。

また、「台本に忠実なのがまず基本」ともコメント。台本をキッチリ言えない人はアドリブも言えないから。まずそこからだよ」とまつきさんを力強く後押した。

ゲストには、虫ドルとして活躍するタレントのカブトムシゆかりさんも登場。自身も無類のカブトムシ好きとあって、カブトムシへの愛情や育成法を語り合うとともに、カブトムシゆかりさんの「虫活と婚活で悩んでます」という相談にもしっかり回答した。

現在27歳のカブトムシゆかりさんは、虫活を楽しむほど婚活の成果が反比例するといい、「虫好きの人は上から目線で、『付き合っていいよ』と言ってくる」ということが悩み。しかし、哀川さんは「そんなのは蹴散らせばいいよ」と言葉通り一蹴。「自分に来る男ではなくて、自分から行けばいい」「相手主導で考えるからダメ。自分主導で考えればいいんだよ」とアドバイスした。

また、プライベートでは虫ドルとして活躍していることを隠しているというが、「そんなのダメだよ」と否定するシーンも。虫好きも話題のきっかけにすればいいというスタンスで、「聞かれたらカブトムシの話をすればいいし、聞かれなければ普通の話をすればいい」と続けた。さらに、カブトムシ好きは問題ではないとし、「俺が何か聞かれたら、『カブトムシゆかりは普通』と言っとくよ」と太鼓判を押した。

番組内では、個性派ゲストの人生相談の他に、「Yahoo知恵袋アプリ」とのコラボ企画も実施。知恵袋に寄せられた悩みを哀川さんが真摯に回答。さらに視聴者からの相談を、生電話で答えるやりとりも行われた。

仕事、恋愛、カブトムシまで、幅広い悩みに回答した番組内での相談内容は、9月23日(金)に発売される自身の著書「ブレずに生きてりゃ答えは見つかる!(仮) 一翔両断!」(税抜1500円)にも一部収録。真っすぐ人生を歩んできた哀川さんだこそ言える数々の名言も収められ、読者が悩みから抜け出すためのヒントを得られることは間違いなし。

芸能界の“アニキ”から、男気溢れる生き様を学ぼう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:8/24(水) 17:08

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。