ここから本文です

Mr.Childrenが朝ドラ「べっぴんさん」主題歌書き下ろし

Smartザテレビジョン 8/24(水) 17:45配信

NHK総合ほかで10月3日(月)から放送される連続テレビ小説「べっぴんさん」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか)の主題歌をMr.Childrenが担当することが発表された。タイトルは「ヒカリノアトリエ」。

「べっぴんさん」は、刺しゅうや手芸が好きなヒロイン・すみれ(芳根京子)の人生を描く物語。

ボーカルの桜井和寿は「『べっぴんさん』との出会いが、僕らにまっすぐな希望の歌を与えてくれました。ひたむきな物語にそっと寄り添えるような曲でありたいと、強く願っています」とメッセージを寄せた。

主題歌アーティスト決定について「べっぴんさん」の堀之内礼二郎プロデューサーは、「タイトルに使われている『べっぴん』という言葉には『作り手が思いを込めた特別なもの』という意味があります。『このドラマを最高の“べっぴん”にする』その大きな使命を果たすために、誰に主題歌をお願いしたらいいだろうと考えた時に、真っ先に頭に浮かんだのがMr.Childrenの皆さんでした。

数々のヒット曲を生み出し、日本の音楽界で20年以上にわたり圧倒的な存在感を保ちながらさんぜんと輝き続ける、奇跡のようなアーティスト。『もし彼らにべっぴんさんの主題歌を作ってもらえたら…』『Mr.Children×朝ドラでどんな歌が生まれ、どんな輝きを放つのだろう』と考えただけでワクワクが止まりませんでした。

ご快諾をいただけてから数カ月の時間を経て生み出された『ヒカリノアトリエ』。最高の音楽を前に言葉は力を持ちません。これぞ『べっぴんさん』です。この歌の光が日本中の朝を照らす日が心待ちでなりません」とコメントしている。

最終更新:8/24(水) 19:29

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。