ここから本文です

“ひとくち目”だけを楽しむために生まれた「カプリコのあたま」

東京ウォーカー 8/24(水) 18:24配信

江崎グリコのチョコレート菓子「カプリコ」シリーズの新商品として、チョコの部分だけを商品化した「カプリコのあたま<いちご味>」(オープン価格)が発売されて話題となっている。

【写真を見る】トレイにチョコレートを“直接充填”することでふわふわ食感を実現。その製法が“ハート型のあたま”を誕生させた

「カプリコ」は、ワンハンドで食べるスポーティチョコ”というコンセプトのもと、エアインチョコレートとコーンを組み合わせた、ソフトクリームのようなユニークな形のチョコスナックとして1970年に発売。「カプリコ」という名前は、“カプリと食べる”“イタリアのカプリ島の明るさ・楽しさ”をイメージして付けられたものだ。

そんな40年以上もの間、愛されてきた「カプリコ」から、今回「カプリコのあたま<いちご味>」が開発されたきっかけについて、「SNSでは『カプリコのチョコだけ食べたい!』というお客さまからのご希望をいただいていました。そこで“カプリコのひとくち目”だけを楽しめる商品として開発したのが『カプリコのあたま』です」と話すのは、開発担当者の妹川陽香(いもがわはるか)さん。

あの“あたま”独特のふわふわ感を再現するまでには苦労も多かったようだが、「プラスチックトレイにチョコレートを直接流し込む“直接充填”を選択した」ことで、ふんわりチョコを実現。ハート型をしたかわいいひと口サイズは、「(カプリコを食べたくても)人前ではかぶりつけない。ちょっとずつお菓子を楽しみたい。そんな声にも応えられる形」として考えたという。

新味の発売などは未定だが、すでに「数多くの問い合わせや反響をいただいている」とのこと。「あたまだけいっぱい食べたい」なんていう、まさかのわがままな思いを満たしてくれる同商品。今後の展開にも注目だ。【東京ウォーカー】

最終更新:8/24(水) 18:24

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。