ここから本文です

「辛王」から刺激的な辛さがクセになる新味登場

東京ウォーカー 8/24(水) 18:30配信

ポッカサッポロフード&ビバレッジは、“辛いおいしさ”を追求したスープブランド「辛王(からおう)」の新商品として、「辛王 麻辣(マーラー)スープ」「辛王 インドカレースープ」(希望小売価格・各税抜160円)を、9月5日(月)より全国発売する。

【写真を見る】スパイシーな辛さが特徴の「辛王 インドカレースープ」(辛さレベル3)はジャガイモやタマネギ、トマトなどの野菜がスープに溶け込んだ濃厚さと辛さが楽しめる

同シリーズは、辛い料理の中でも人気の高いメニューである「ユッケジャン」「トムヤムクン」「グリーンカレー」をフレーバーにラインアップして、好評を博しているスープブランド。唐辛子や花椒などの香辛料をふんだんに使った刺激的な辛さが、辛いもの好きの支持を得ている。

今回発売するのは、辛い料理の王道とも呼べる人気料理をフレーバーにした商品。シリーズでの辛さレベルが5の「辛王 麻辣スープ」は、具材に、揚げナスや肉そぼろ、ねぎ、唐辛子を入れ、さらに唐辛子の燃えるような辛さと花椒のシビれる辛さを組み合わせた絶妙な味わい。食べる度にクセになるスープに仕上げた。

食欲をそそる香辛料を使ったスパイシーな辛さが特徴の「辛王 インドカレースープ」(辛さレベル3)は、ジャガイモやタマネギ、トマトなどの野菜がスープに溶け込んだ濃厚さと辛さが楽しめるスープ。具材には、鶏肉と唐辛子を入れている。

この他、春夏から続く定番フレーバーとして人気の「辛王 ユッケジャンスープ」(辛さレベル3)は、赤唐辛子の刺激的な辛さが特徴。具材には、唐辛子、キムチ、ネギを入れ、牛肉の味わいをさらに濃厚にした味わいが楽しめる。

辛さを楽しむスープとしてはもちろん、ご飯やおにぎりを入れることでさらにおいしく楽しめる「辛王」。ランチや弁当に合わせる汁物としてもピッタリなので、ぜひ一度試してみて。【東京ウォーカー】

最終更新:8/24(水) 18:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。