ここから本文です

これからの生クリームは、「片手で振るだけ」で完成

東京ウォーカー 8/24(水) 21:00配信

みんな大好き生クリームは、疲れも癒してくれる甘~い存在。でも、強いて難点をあげるならば「ホイップがめんどくさい」こと。さらにいうなら、ホイップしたあとの道具を洗うのも、そこそこ手間。手作りは好きだけど、根はずぼら。ずぼらなわけじゃないけど、あまり時間はかけられないetc.いろいろな理由はあるけれど、要は「手軽に生クリームがホイップできると嬉しい」という気持ちは、誰でも少なからず持っていそう。

【写真を見る】「なぜ初めからこれを使わなかったんだろう」なんて思ってしまいそうな手軽さ

巷では冷凍ホイップクリームや、スプレー式の缶入りなどさまざまな商品もあるけれど、自分好みの甘さにしたり、リーズナブルに楽しみたいなら「ふりふりクリームメーカー」を使うと、断然便利。容器に生クリームを入れてシャカシャカ振るだけで、簡単に作れて、そのまま絞り出せるというしくみなのだ。欲しい分だけ少量作れてムダがなく、ボウルや泡立て器などの道具を使わなくても生クリームがすぐに作れる。

ペットボトルやマヨネーズの空き容器で生クリームを泡立てるやり方もあるけど、容器にクリームを入れにくかったり、使った後に洗いにくいという問題がある。その点ふりふりクリームメーカーは、星型の絞り口とフタ付きで、取り外しできるので洗って繰り返し使える点もポイント高し。

パフェやパンケーキなど、スタンダードなスイーツはもちろん、ドリンクにクリームをそえてワンランク上のスイーツに仕立てても楽しそう。スイーツ好きなら、おうちにひとつ用意しておきたいアイテムかも。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/24(水) 21:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。