ここから本文です

ディーン・フジオカ「反応をいただくと役者をやって良かったと思います」

Smartザテレビジョン 8/24(水) 21:01配信

ディーン・フジオカがドSの御曹司・間宮北斗を演じる、Amazonプライムのオリジナルドラマ「はぴまり~Happy Marriage!?~」が8/31(水)の配信で最終話を迎える。間もなくクランクアップを迎えるという7月初旬の撮影現場で、ディーン・フジオカにドラマ「はぴまり―」を振り返ってもらった。

【写真を見る】軽井沢の教会で 美し過ぎるウエディング!

■ 「反応をいただくと役者をやって良かったと思います」

「撮影していた2カ月間は、まさに駆け抜けたという感じです。あまりにスピード感が速すぎて、もう撮影が終わることが信じられない。すごく長い一日もあって、そんな日は体力も精神力も使うけれど、それをみんなで補い合ってきたから、最後まで走ることができたんじゃないかな」

だが、多忙を極めるディーンは「反響を見る暇がないです…」とポツリ。女性のみならず、男性からも反響があることを伝えるといつもの“おディーン様”スマイルに。

「男性からの反響はうれしいですね! もちろん女性に喜んでもらえるのもうれしいですよ。男女問わず、年齢も関係なく、自分が関わったプロジェクトを皆さんに喜んでもらいたいと常に思っているので。どういう形であれ、反応をいただくことが役者をやっていて良かったと思うところですね」

■ 今度こそ…“ハピマリ”な結末?

最終話では、北斗のことを忘れられない元恋人の美咲(篠田麻里子)、北斗の妻・千和(清野菜名)に好意を寄せる八神裕(白洲迅)らの思いや、北斗が抱える家族への憎しみも決着が。

「『はぴまり―』って入り口がすごく軽い感じだと思うんですよ。僕も最初はラブコメで気軽に見られる感じなのかなって思っていましたし。でも、回を追えば追うごとに、いろんなところに深く突き刺さる言葉だったり、人間関係のねじれだったり、相手を思うがゆえの勘違い、ミスコミュニケーションなど、物語の展開が想像以上に深まっていくんです。最後は“生きているって、本当に素晴らしいことなんだな”って感じられるような形になると思います。すごくシンプルなところに感謝の気持ちがあるし、僕自身も考えさせられる言葉がけっこうあって、“これ、良いストーリーだな”ってしみじみ思いながら演じていました。ぜひ最終回まで楽しんでほしいですね」



発売中の「週刊ザテレビジョン」35号では、ディーン・フジオカSPグラビアたっぷりの「はぴまり―」最終回特集を掲載。サイン入りポラプレゼントも実施中!(応募締切は8/30火消印有効)

最終更新:8/24(水) 21:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。