ここから本文です

SMAP解散アンケート “解散してほしくない”派の意見は「理由が納得できない」

週刊女性PRIME 8/24(水) 17:00配信

 8月14日未明のSMAP解散の報を受け、『週刊女性PRIME』では「SMAP解散アンケート」を行った。実施期間は8月16日~19日、有効回答者数8142人。

 そのなかで『SMAP解散はしてほしくない』と答えたのが73%(5946人)。

 SMAPを人生の支えにしていたファンからは、悲痛な叫びが届いた。

「SMAPとともに生きてきたから、SMAPとともにこれからも生きていきたい。SMAPのいない世界は考えられない」(40代・会社員・女性)

「個々の活躍も、もちろん応援していますが、SMAPはやっぱり5人そろうと力は10倍にも100倍にもなるから。コンサートも最高で、また、明日から頑張ろう! という気力が湧いてくる」(50代・主婦)

「ファンになって25年、ファンクラブに入会して16年目になります。この解散の事実を知ってから、寝込むようになりました。仕事は社会人として世帯主として何とか頑張っています。個人個人は事務所に残留してソロ活動になり、SMAPというチームがなくなるなんて、考えられません。

 今までいろいろあって、乗り越えてきた5人。Iマネージャーはいなくても、ファンは世界中にいます。なんとか解散は回避してほしい。それしかないです」(40代・会社員・女性)

「学生時代に毎日のようにいじめられていた時、『自殺』を考えたことが何度もありました。その時に、私は彼らの笑顔や言葉に励まされて『自殺』を思いとどまりました。私にとって、彼らは命の恩人です。今までSMAPに逢いたくて何でも頑張ってきました。

 これから何を目標にして生きていけばいいかわかりません。今年いっぱいだなんて、心の準備がなくてただただ寂しく悲しすぎます。お願いです……解散なんて、しないでほしいです」(30代・会社役員・女性)

SMAP解散は日本の芸能界の損失

「本人たちが(解散を)希望したように見えないこと、そして大切なものを一時的に見失っているだけに見える。帰る場所を残しておきたい」(30代・会社員・女性)

「個々に活動する5人も大好きですが、やっぱり5人そろったときはこの上なくかっこいいんです。日本国民全員がそれを知っている。SMAPは日本の宝です。絶対解散させてはいけません」(10代・学生・女性)

「25年間アイドルとして駆け抜けてきて、日本の象徴としてせめて東京オリンピックまでは頑張って解散しないでほしかった」(40代・主婦)

「たくさんあるSMAPの名曲が、音楽番組で聴けなくなるのは悲しい。初めて本気で好きになったアイドルで、青春の証。

 主婦となり私は歳をとったけど、まだ現役の国民的アイドルでいてくれたSMAPを見ていると、誇らしく思えた。芸能界にいて当たり前すぎる存在だから、解散後の様子が想像できない」(30代・主婦)

「ジャニヲタとして、今のアイドルのかたちを創り上げてくれたSMAPさんが解散するのは、とても悔やまれます。また、今活動休止中のKAT-TUNにも影響しないか心配しています」(30代・育休中・女性)

「老若男女、国民にこれほど親しまれた芸能人は他にいません。もう遠い親戚のよう。解散の理由もさっぱり納得がいかず残念です」(40代・会社員・女性)

「被災地への支援活動(『SMAP×SMAP』での5年に渡る東日本大震災支援金のお願い)など、ジャニーズという枠だけでなく、芸能界という枠においても他にあれだけ会場に一体感を生んだり、社会に寄り添った活動ができるグループはSMAP以外にいないし、今後も生まれてこないだろうと思う。

 SMAPは常に進化し、新しいことに挑戦し続けていた。もし解散してしまった場合のテレビやエンターテインメントの損失感は計り知れません。(20代・会社員・女性)

1/2ページ

最終更新:8/24(水) 17:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。