ここから本文です

SMAP解散アンケート “解散はしょうがない”派の意見は「楽にしてあげたい」

週刊女性PRIME 8/24(水) 17:06配信

 8月14日未明のSMAP解散の報を受け、『週刊女性PRIME』では「SMAP解散アンケート」を行った。実施期間は8月16日~19日、有効回答者数8142人。

 そのなかで『SMAP解散はしょうがない』と答えたのが27%(2196人)。

「メンバーの意見なら尊重したい」という声のほか、最近の『SMAP×SMAP』でのメンバーのギクシャクした関係性を感じ取ったファンからの「観ていて辛い」「もう楽にしてあげて」という意見も多かった。

「たとえ、ファンや多くの人が望んだとしても、当人たちがグループとして活動することが苦痛であるならば、解放してあげるべきだと思います。

 彼らも40前後の大人です。これからは一人一人やりたいことをやっていくことが幸せなのではないでしょうか。SMAPから卒業させてあげていいのではないでしょうか」(50代・会社員・女性)

「稲垣吾郎さんのコメントの、『今の状況で五人での活動は難しいと思い、辛い決断ではありますが“解散”という形を取らせて頂く事になりました。どうか僕達の意志をご理解頂けたらと思います』という言葉は本当だと思った。

 SMAPはファンを一番大切にしていることを知っているが、それでも続けられないのなら、彼らを大好きだからこそ、辛いけれど受け止めようと思った」(40代・会社員・女性)

「もう、一般人が観てもこじれているのが伝わってきた。また、木村、中居、香取と戦犯扱いの記事が終日賑わっている。本人たちも辛いと思う」(30代・主婦)

「他メンバーに対しての嫌悪感を抱えたまま、もう無理ですってはっきり宣言しているなら、終わるしかないと思う。

 ただ待っているファンがいるのは事実です。待っているファン、いままで応援してくれたファンに 感謝の気持ちをきちんと自分で発言することをしないと、ただのわがままでの解散になってしまわないのかな」(40代・会社員・女性)

「長い間やっていればいろいろあると思う。考えることさえ疲れていそうだから、SMAPとしての活動を休ませてあげたい。再結成すればいい」(40代・主婦)

1/3ページ

最終更新:8/24(水) 17:06

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)