ここから本文です

知って損なし「日焼けしちゃった!」ときの応急処置、これが正解!

集英社ハピプラニュース 8/24(水) 20:00配信

「MAQUIA」9月号に掲載中の『夏老け肌を防ぐ100問100答』では、美のプロ達が夏の肌を守るとっておきのケアテクニックを伝授しています! 今回はその中から、紫外線を浴びた肌をしっかりカバーする“シミ対策ケア”を紹介します。

【美のプロはこの4人】

ヘア&メイクアップアーティスト
★山本浩未さん★
MAQUIAをはじめとする多くの媒体で活躍中。化粧品開発のアドバイスなども行っている。

トータルビューティアドバイザー
★水井真理子さん★
誰でも実践しやすく、効果を実感しやすいお手入れ法を提案してくれる美容のエキスパート。

美容家
★小林ひろ美さん★
数多くの独自メソッドを持つ、美の発明家。美肌をつくりだすテクニックにファン多数!

コスメコンシェルジュ
★小西さやかさん★
日本化粧品検定代表理事。科学的な視点からコスメを評価するスペシャリスト。


<紫外線を浴びても
シミを
作らない編>

老け肌の印象を与えるシミ対策には、日頃からのこまめなケアが第一!

Q 夏でも日焼けしない人がうらやましい! なぜ?
A 通年美白ケアを行っているかどうかで差が

「通年美白ケアしている人は、日焼けに対する予防策が万全です」(水井さん)。「その日のダメージをその日のうちにしっかりリカバーしているかどうかで差が!」(小林さん)

☆医師の診察が必要な、飲む日焼け止め。ヘリオケア ウルトラD 30カプセル ¥6300/衣理クリニック表参道☆

☆圧倒的な密着感で潤いを注入。ジェニフィック マスク 16ml×6枚入り ¥9000/ランコム☆


Q 日焼けしても、72時間以内にケアすればセーフ?
A 日焼け後は、すぐにケアするのが鉄則

「肌を褐色にするサンタンが起こり始める72時間以内にケアをということだと思いますが、よほど炎症がひどくない限り、日焼け後はすぐに保湿ケアを行って」(小西さん)


Q 日焼けして肌がピリピリしているときは?
A まずは冷やして肌を鎮静させることが第一

「肌がピリピリしている=火傷状態なので、すぐに肌を冷やしましょう。その後は、冷たくした化粧水やマスク+クリームなどのシンプルな保湿ケアがおすすめです」(山本さん)

☆肌をやさしく潤す。薬用スキンコンディショナー エッセンシャル [医薬部外品] 165ml ¥5000/アルビオン☆


Q UVケアや美白ケアをしているのに肌がくすむ
A 皮脂ヤケを起こしている可能性が

「気温が高くなると皮脂の中に含まれる遊離脂肪酸の割合が増え、紫外線を浴びていなくてもシミやくすみといった“皮脂ヤケ”を引き起こします」(ポーラPR・宮田さん)

☆メラニンの生成を抑え、潤いに満ちた肌に。ホワイトショット RX [医薬部外品] 50g ¥12000/ポーラ☆


Q 「冷感コスメ」、うっかり日焼けの鎮静に使える?
A YES! 肌を冷やすのは、アフターサンケアの基本です。(山本さん)

☆冷感ジェリーのオールインワン。サマーコンディショニングジェリー 50g ¥2400/オルビス(数量限定品)☆

集英社

最終更新:8/24(水) 20:00

集英社ハピプラニュース