ここから本文です

未来の自分に重荷を背負わせてはいけない。「The Simple Dollar」創設者の体験的アドバイス

ライフハッカー[日本版] 8/24(水) 12:10配信

ラッキーなことに、私は大学を卒業するとすぐ、とても良い職に就くことができました。実際、卒業式のほんの数日後にはもう出勤をしていたほどです。また、初任給もびっくりするほど高額でした。

その額はすでに両親の給与を超えていました。さらにうれしかったのは、将来が完全に約束されていたことです。1年契約のポジションでしたが、私にはニッチな専門性があり、とびきり優秀な同僚たちがそろっていました。ここにいれば、幅広い人脈を構築し、たくさんのスキルを身につけ、豊富な経験を積めることが確実に思えました。

つまり、すでに高収入を得ていただけでなく、今後はさらに収入が増えるのだと完全に信じていたのです。

その何が問題か? 私はそうした思い込みにもとづいてお金を使いました。この先もずっと収入が増え続け、いずれは大金持ちになるのだと心の底から信じていました。そして、その未来が約束されているかのようにお金を使っていったのです。

要するに、私は「未来の自分に関する誤り」に陥っていたのです。実質的な収入ではなく、将来の収入に関する思い込みにもとづいてお金を使ったわけです。

それでどうなった? 2006年になるころ、我が家は毎月の支払いに困るほど経済的に行き詰まり、家計の抜本的な見直しを余儀なくされました。そして、ブログ「The Simple Dollar」を始めたのは、その経過と学びをシェアするためでした。

「未来の自分に関する誤り」に含まれる3つの思い込み

いわゆる「未来の自分に関する誤り」には、次の3つの大きな思い込みが含まれているようです。

1つは、肉体も精神もずっと健康であり続けられるという思い込みです。大病もせず、事故にもあわず、心の病気にもかからない、とにかく自分自身に大きな変化は起こらないと信じている。今の仕事をずっとやり続けられると思っている。

2つめは、安定的に雇用され続け、昇進し続けられるという思い込みです。今の仕事を失うことはない。職場で誰かに足を引っ張られて失脚することもない。仕事で評価を得て、さらに高収入のポジションへ次々とステップアップしていけると信じている。

3つめは、人生に一切の波風が立たないという思い込みです。結婚も離婚もない。子どもが生まれることもない。今子どもがいるとしたら、その子の体と心は永遠に健康であり続ける。病気の親の面倒を見ることもない。人身事故に関わり、責任を問われることもない。

1/4ページ

最終更新:8/24(水) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック