ここから本文です

”のん” 能年玲奈が声優デビュー アニメ映画『この世界の片隅に』主演に抜擢

KAI-YOU.net 8/24(水) 11:27配信

11月12日(土)より全国ロードショーされるアニメ映画『この世界の片隅に』で、女優ののんさんが主人公・すず役を演じることが発表された。本予告映像で、のんさん演じるすずの声を聞くことができる。

【写真をすべて見る】こうの史代さん原作のアニメ映画『この世界の片隅に』

本作でアニメ映画初出演となるのんさん。「のんさん以外のすずさんは考えられない」と、監督をつとめる片渕須直さんによる大抜擢で主演が決定した。

そのほか、すずの夫・周作役には細谷佳正さん、義姉・径子役は尾身美詞さん、小学校の同級生・哲役は小野大輔さん、すずさんの妹・すみ役に潘めぐみさん、周作の父・円太郎役に牛山茂さん、周作の母・サン役に新谷真弓さん、そして特別出演に松竹新喜劇の座長・澁谷天外さんと、豪華声優陣が名を連ねている。

また、片渕須直さんの前作『マイマイ新子と千年の魔法』の主題歌でもタッグを組んだ、シンガーソングライターのコトリンゴさんが音楽を担当する。

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

最終更新:8/24(水) 11:27

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。