ここから本文です

届いたオファーは“ユーベ&インテル“だけ? サントス会長がブラジル新星に言及

フットボールチャンネル 8/24(水) 7:10配信

 ブラジル1部サントスのモデスト・ローマ・ジュニア会長が、移籍が噂される19歳のブラジル代表FWガブリエル・バルボサ(愛称:ガビゴル)について言及した。23日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 バルボサはリオ五輪で戦うブラジル代表に選出され、本大会で大きな活躍を見せていた。初優勝に貢献し、バルボサの評価は高まっている。

 インテルやユベントスの他、バルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、レスター・シティやチェルシーなどが獲得に興味を示した。そんな中、ジュニア会長がバルボサのもとに届いたオファーについて語っている。

「正式に届いているオファーはインテルとユベントスだけだ。今ではガブリエルの判断に任せている。サントスが承諾するか拒否するかを決める必要はないし、移籍の判断は彼の契約に含まれている。クラブはそれを尊重するよ」

「我々はすでに移籍市場に介入した。ジャン・モッタなどを獲得している。クラブが選手の売却に応じることは、必須ではないが重要だ。サントスはバランスを取らないといけないからね。売却するなら今年が丁度良いだろう」

 バルボサはサントスにとって重要な選手であるものの、評価が高まり多くの移籍金を獲得できる今を、売却のチャンスだとジュニア会長は捉えているようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/24(水) 7:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。