ここから本文です

【再掲】同性愛者が見た『ズートピア』論 多様性と偏見を巡って

KAI-YOU.net 8/24(水) 13:00配信

本稿は、2016年6月3日に公開された記事の再掲となる。公開にあたって寄稿者に序文を加えていただいた。

【DVDも発売の大ヒット作品『ズートピア』画像】


8月24日(水)、ディズニーのアニメ映画『ズートピア』のパッケージ版であるMovieNEXが、日本での販売を開始しました。

『ズートピア』は国内の興行収入が70億円を超え、世界興収も10億ドルを突破するなど、全世界的に大ヒットした作品です。そんな『ズートピア』について、公開当時、私は同性愛者という立場からレビューをしました。今回、パッケージ発売にあたって、その記事を再掲させていただく運びとなりました。

この記事を公開した9日後、アメリカ・フロリダ州のゲイナイトクラブで100人以上が死傷する銃乱射事件が起こりました。死亡した容疑者は普段から同性愛者を嫌悪する発言が目立っていたといいます。

また、8月頭には、一橋大学法科大学院の男子学生が友人の男子学生に告白をした後、アウティング(秘密にしている同性愛指向などを他人へ暴露されること)によって心を病み、結果として転落死した事件の裁判が注目を集めました。こうした出来事もあってか、現在、LGBTといった性的マイノリティをめぐってはさまざまな意見が噴出しています。

人々が亡くなり、傷ついたことは本当に悲しいことです。一方で、正直に言ってしまうと、いずれの事件の当事者でない筆者には、引き起こされた事件をもって、LGBTをめぐる事件で糾弾されている人々の人格までを断罪できるとは思えず、また、そうしたいとも思えません。その理由の一端は、この記事で書いたようなことを考えているからだと思います。

今月11日、有名なジャーナリストである鳥越俊太郎氏は、日本版「ハフィントンポスト」のインタビューにおいて、「ペンの力って今、ダメじゃん」「ネットにそんなに信頼を置いていない。しょせん裏社会だと思っている」と語り、大きな話題となりました。

それでも、木っ端なライターの私は、ペンとネットの力に託すような気持ちで、当時この記事を書きました。私はまだ“ペン”と“ネット”、そして『ズートピア』のような“フィクション”の力を信じています。願わくば、この記事が多くの人に読んでもらえますように。

“この世界をより良くするために”奮闘するジュディに敬意を表して。

1/5ページ

最終更新:8/24(水) 13:00

KAI-YOU.net