ここから本文です

「メッシとロナウドのレベルに近づきたい」 躍進の仏代表エースが“リーガ二大スター”に宣戦布告

Football ZONE web 8/24(水) 10:01配信

グリーズマンが今季タイトル獲得への野望を英紙に語る

 アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、リーガ・エスパニョーラの二強であるバルセロナとレアル・マドリードが誇るスーパースターに比類する存在となりたいようだ。英紙「ガーディアン」のインタビューに応じ、「僕はロナウドとメッシのレベルになりたい」と“宣戦布告”している。

【写真一覧】欧州サッカーを彩る美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 グリーズマンは闘将ディエゴ・シメオネ監督の下で急成長を遂げ、昨シーズンのリーガではチーム最多の22得点をゲット。バルサとレアルとの三つ巴の優勝争いに最後まで食い下がった。またUEFAチャンピオンズリーグ(CL)では、クラブの2年ぶり2度目の決勝進出に貢献。その後、母国フランスで開催された欧州選手権(EURO)では6ゴールの大活躍で得点王と最優秀選手賞の二冠に輝き、一気にスターダムにのし上がった。

 しかしリーガでは3位、CLとEUROではともに準優勝に終わるなど、チームタイトルにはことごとくあと一歩届かなかった。だからこそ、今季に向けて期するものがあるようだ。

「僕は彼ら、メッシとロナウドと一緒のテーブルについて食事したいと思うんだ。彼らのレベルに可能な限り近づいて、タイトルを勝ち得たい。僕の目標はベストプレーヤーになることだ」

 このように自らを鼓舞するような強気な発言を口にしつつ、タイトル獲得への思いを燃え上がらせている。

「アトレチコはすべてを勝ち得るクラブ」

「個人的には、僕のいるクラブはすべてを勝ち得るクラブだと思う。だからアトレチコでタイトルを、リーガとチャンピオンズリーグを獲得したいと思っている。そのために僕は、チームにすべてを注ぎ込むつもりだ。今シーズンはもっと良くなるよ」

 アトレチコはグリーズマン不在のリーガ第1節で、昇格組のアラベスに後半アディショナルタイムに先制しながらも終了間際に追いつかれ1-1のドロー発進。シメオネ監督の求めるハードワークと規律をこなしつつ、高い決定力を持つエース不在の影響が際立つ結果となった。フランス人ストライカーの戦列復帰によって、“ロジブランコス”(赤と白の軍団)は二強体制を崩すことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/24(水) 10:01

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ