ここから本文です

【MLB】田中とサンチェスは「一足早い2017年型のバッテリー」。転換期を迎えたヤンキース、正捕手放出の噂も

ベースボールチャンネル 8/24(水) 17:00配信

プレーオフ進出へわずかな望み

 田中将大がヤング・ヤンキースをバックに力投した。
 現地8月19日のロサンゼルス・エンゼルス戦で、ニューヨーク・ヤンキースの田中は今季屈指の好投を見せた。速球の威力、制球とも申し分なく、7回2/3を被安打5、無四球、9奪三振の無失点で、10勝目(4敗)。これで、3年連続の2ケタ勝利としただけでなく、投球回数も自己最多も161となり、初の規定投球回(162)到達もほぼ確実となった。

 このゲームでバッテリーを組んだのは、23歳の期待の星で、田中とは初の組み合わせとなるゲーリー・サンチェスだった。7月末のトレード期限で多くの主力級を放出し、マーク・テシェーラやアレックス・ロドリゲスらが退団を表明するなど転換期を迎えた現在のヤンキースを象徴する試合となった。

 地元紙『ニューヨーク・ポスト』は、「一足早い2017年型のヤンキース」と報じている。

Manager Joe Girardi doesn’t want his young players thinking about next year ? not while there still is more than a month left of this season and the Yankees are at least on the outskirts of the playoff race. And they did look pretty good against the Angels on Friday, hitting four homers off right-hander Jered Weaver and getting 7 .2 shutout innings from Masahiro Tanaka in a 7-0 victory at Angel Stadium.
ジョー・ジラルディ監督は「若手にはまだ来季のことを考えてほしくない」という。今季もまだ1カ月以上残っているし、ヤンキースはかろうじてプレーオフ戦線に踏みとどまっているからだ。加えて、ヤンキースは金曜日のエンジェルス戦では素晴らしい戦いぶりを見せている。右腕ジャレッド・ウィーバーに4本塁打を浴びせ、田中将大は7回2/3を無失点に抑え、7対0でエンゼル・スタジアムで勝利した。

 田中は4回にマイク・トラウトにレフト前に運ばれるまで、立ち上がりから11人の打者を打ち取った。続くアルバート・プーホルスにも安打を浴びるが、その後7人の打者を連続して打ち取った。今回同様に7回2/3無失点で、今季最高とも評される7月5日のシカゴ・ホワイトソックス戦に匹敵する快投だった。

1/2ページ

最終更新:8/24(水) 17:00

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。