ここから本文です

「内村へ銀選手からの“敬意”」現地からの“リオ秘話”後編

女性自身 8/24(水) 6:01配信

メダルラッシュに沸いたリオ五輪の日本選手。その現場で取材を続けてきたスポーツニッポンの4人の記者たち――杉本亮輔記者(キャップ・体操など担当)、雨宮圭吾記者(柔道、レスリング担当)、宗野周介記者(水泳担当)倉世古洋平記者=卓球など担当)。彼らがメダリストたちの奮闘舞台裏の話は、まだまだ続く。

(7)萩野公介「ライバル瀬戸」への複雑胸中

 競泳男子400メートル個人メドレーで日本人初の金メダリストになった萩野公介選手(21)。彼の背中を押したのは同種目で銅メダルを獲得した瀬戸大也選手(22)だった。
 2人の初対戦は小学3年生のとき。以来「ライバル」として切磋琢磨してきた2人だが、荻野選手にとって瀬戸選手は「一緒にいたくないと思ったこともある」存在だった。
 しかし、昨年の夏、選手生命をおびやかすような大けが(右ひじ骨折)をしたことで瀬戸選手への思いは一変。過酷なリハビリに取り組みながら萩野選手は自分と向き合い、ライバルとも真正面から向き合うようになった。
「大也がいなかったら僕はここにいない。そして、これからもっと続いていく」と宗野記者は綴っている。
 2人の”熱き関係”は、この先も続いていくに違いない。 

(8)柔道・海老沼の妻「夫婦で減量」の愛

「試合後1週間は外食や食べたいものをつくってあげたそうですが、それ以外はロリー控えめで、飽きないようにスープは中華風、韓国風など味付けを工夫。最初にサラダでおなかを満たして、スープや味噌汁、そして、おかず。減量中の夕食では、ごはんはひと口ぐらい。すごいなと思ったのは、奥さんも海老沼選手の食事の量に合わせていたそうです」(雨宮記者)
 柔道男子66キロ級でロンドン五輪に続き2大会連続で銅メダルを獲得した海老沼匡(まさし)選手(26)にとって、最大の敵は10キロ近い減量だった。
 そんな彼を陰で支えたのは妻の香菜さん(28=元女子柔道63キロ級日本代表)。2人は高校時代に柔道を通じて知り合い、ロンドン五輪後の’14年12月に結婚。
 今回の銅メダルは、夫婦でかちとった”勲章”だった。

(9)惨敗の涙が生んだ金藤「悲願の金」

 競泳女子200メートル平泳ぎで優勝した金藤理恵選手(27)は’08年、19歳で北京五輪に初出場して7位入賞。将来を嘱望されたが、’10年に腰にヘルニアを発症。’12年のロンドン五輪出場を逃してからは何度も「やめたい」と口にするようになった。
 そんな彼女を一念発起させたのが、昨年の世界選手権での惨敗(6位)だった。
 宗野記者によると、このとき彼女は「こんな情けないレースを、応援してくれる人が見る最後にしたくない」と涙で現役続行を決意したという。
 そして、猛練習を積んでリオ五輪代表の座をゲット。年齢もあり、4年後の東京五輪には「競技者としてかかわることは考えられない」と語る金藤選手にとって、今回の金メダルは唯一無二、最初で最後の五輪メダルになった。

(10)太田雄貴「まさかの敗退は心の問題」

「敗因はフィジカル的なものではなく、本人は『五輪に対する覚悟が足りなかった。金メダルを取りたいと思わなければ取れない』と話していました。フェンシングの楽しさや、うまくなる喜びの追求より、五輪で頂点を極めるには勝利への渇望が必要なんですね」(杉本記者)
 北京五輪・男子フルーレ個人で銀メダルを獲得。ロンドン五輪でも男子フルーレ団体で銀メダル(史上初)を獲得した太田雄貴選手(30=世界ランク2位)は、男子フルーレ個人の初戦(2回戦)で、まさかの敗退。試合後「現役引退」を表明した。
 引退後は「彼は国際フェンシング連盟のアスリート委員長を務めており、今後もフェンシング界にかかわりつつ、ほかの道も模索しているようです」(杉本記者)

(11)内村航平へ銀選手の「神リスペクト」

「あなたは審判員に好かれているんじゃないですか?」
 体操男子団体に続き個人総合でも、最終種目の鉄棒で大逆転して2大会連続の金メダル。2冠を達成した内村航平選手(27)が競技後、メダリストの記者会見に臨んだ際、ある記者が、内村選手に冒頭の質問を投げかけた。非礼とも思える質問に「それは、無駄な質問だ!」と反応したのが僅差で銀メダルに終わったオルグ・ベルニャエフ選手(22=ウクライナ)だった。  
彼は続けて内村選手をほめたたえ「一緒に競技できたことはすばらしい経験だ」と喜びを口にし、内村選手も「次はオルグには絶対に勝てないと思う」とベルニャエフ選手の実力を称賛した 
4年後、内村選手は31歳。気になる今後だが、杉本記者によると、鉄棒など種目別で東京五輪を狙うという。

(12)伊調馨「試合前は亡き母と会話を」

女子史上初の五輪4連覇(レスリング女子58級)を成し遂げた伊調馨選手(32)は試合後、観客席に歩み寄り、家族から渡された母の遺影を、万感の思いで抱きしめた。
伊調選手の母・トシさんは’14年11月28日、青森県八戸市の自宅で倒れて頭を打ち、脳挫傷で急逝した(享年65)。悲しみを乗り越えて、「死んでも勝つ!」というトシさんの教えを脳裏に刻み込んで臨んだリオ五輪。
 決勝は、残りわずか5秒で大逆転――という薄氷の勝利だった。
 試合後の記者会見。トシさんの話題になると伊調選手は「こんなにも天井を見上げたオリンピックはなかったです。必ず上を向いて、母としゃべってから試合に臨みました。最後もきっと母が助けてくれたと思います」
 
メダリスト以外にも「女性の活躍」が目についたリオ五輪。五輪を過去5大会取材し、今回もスポニチ取材陣の統括を行った首藤昌史記者は言う。

「活躍の背景を挙げるなら、一つは社会の変化。プロ契約も含め”受け皿”としての企業が増えて、卒業後も競技を続けることが可能になったことと、身体(からだ)をケアする技術が飛躍的に進歩したことで選手寿命が延びた。この二つが相まって才能を開花させることが可能になった。それと、東京・北区の『味の素ナショナルトレーニングセンター』には託児所が併設されて、子育てをしながら競技を続けることもできるようになった。こうした環境変化も女性活躍の背景でしょうね」

 4年後の東京五輪。女子選手のさらなる活躍を期待したい――。

最終更新:8/24(水) 6:01

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。