ここから本文です

正義と尊厳を賭けた闘い、実録ドラマ『アイヒマンを追え!』ポスタービジュアル公開

リアルサウンド 8/24(水) 8:00配信

 ドイツ映画賞で作品賞をはじめとした六冠を達成した『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』が2017年1月に公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルが公開された。

 本作は1950年代後半のドイツ・フランクフルトを舞台に、ひとりのドイツ人・検事長フリッツ・バウアーにスポットを当てた実録ドラマ。ナチス・ドイツ最重要人物アドルフ・アイヒマン拘束に関する<極秘作戦>の裏側の真実が描かれる。

 検事長フリッツ・バウアーを『ブリッジ・オブ・スパイ』のブルクハルト・クラウスナー、共演には『東のベルリンから来た女』のロナルト・ツェアフェルトのほか、リリト・シュタンゲンベルク、イェルク・シュットアウフ、セバスチャン・ブロムベルクらが名を連ねる。監督はドイツの気鋭・ラース・クラウメが務めた。

 公開されたポスターには「アウシュビッツ裁判へとつながる“極秘作戦”が半世紀を経て初めて明かされる」というコピーとともに、中心にはハーケンクロイツが大きく配置されている。また背後にはフリッツ・バウアーが鋭い眼光で覗いている姿が確認できる。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/24(水) 8:00

リアルサウンド