ここから本文です

「メッシを一人にしない」W杯予選控えるアルゼンチン。指揮官は全面サポートを約束

フットボールチャンネル 8/24(水) 9:00配信

 アルゼンチン代表のエドガルド・バウサ監督は、代表続行を宣言したエース、リオネル・メッシへのサポートを約束した。23日、アメリカメディア『ESPNデポルテス』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 ESPNのインタビューに応じた同監督は「メッシは代表を愛し続けている。それが彼の本音だ。私は、彼が代表で何かを勝ち獲りたいと切に願っていることに気付いた。いくつかの決勝戦で負け続けたフラストレーションがその願いをより強めたのだろう」と述べる。

 そして、9月にはウルグアイ、ベネズエラとのワールドカップ予選が控えているが「メッシをうまくサポートしてプレーするのが理想だ。いつかのオプションを持っておきたい」と述べ、「そのためにも、”メッシとその他”ということにならぬよう、彼をサポートしたい」とエースへの配慮を口にした。

 また、56歳の指揮官は、試合までの準備期間も短いことからも、直近のコパ・アメリカ参加組を重要視することも公言している。

 コパ・アメリカ敗退後のメッシの代表引退表明は、ピッチの内外で孤独を感じていたという彼の気持ちが吐露されたものだとされていた。バルセロナまで足を運んでくれた、新指揮官のサポート宣言は、メッシにとってこの上なく心強いものであろう。

フットボールチャンネル

最終更新:8/24(水) 10:03

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。