ここから本文です

ユベントスが狙う今夏移籍市場での“最後の一手” PSGの仏代表MF獲得へ年俸5億円で個人合意か

Football ZONE web 8/24(水) 20:18配信

マテュイディ自身は移籍に前向きも、移籍金には10億円以上の開きが…

 イタリア王者ユベントスが、今夏の移籍市場での最後の一手として、フランス代表のハードワーカー獲得を目指している。欧州選手権でも、ホスト国フランスの中盤の一角でプレーしたパリ・サンジェルマンのMFブレーズ・マテュイディ獲得へ向け、選手サイドと合意を取りつけているとイタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 マテュイディの代理人は、今夏の移籍市場でユベントスからマンチェスター・ユナイテッドへ、フットボール史上最高額の1億500万ユーロ(約123億円)でフランス代表MFポール・ポグバを移籍させた剛腕ミノ・ライオラ氏だ。すでにユベントスはライオラ氏とコンタクトを取り、手取り年俸450万ユーロ(約5億3000万円)での4年契約で個人合意に達し、マテュイディ自身もユベントス行きへ前向きな姿勢だと報じている。

 一方で、障害になるのは移籍金になるという。PSGはカタールのオイルマネーを背景にしているだけに、現金収入は全く求めていないため、ユベントスの値切り交渉には一歩も応じる構えを見せていないという。ユベントスは成果ボーナス込みで3000万ユーロ(約35億円)での獲得を目指しているが、PSGの要求額は4000万ユーロ(約47億円)から4500万ユーロ(約53億円)と、金額に大きな開きがあるという。

PSGとの契約延長の意思なし

 しかしながら、移籍市場の閉幕まで1週間ほどの状況でユベントスは新たなターゲットに変更する時間的余裕がなく、マテュイディ獲得に絞った交渉が進められるとレポートされている。選手サイドも2018年6月で切れる契約を延長する意思はなく、PSGとの関係が冷めきっている可能性も指摘されている。

 前人未到のリーグ6連覇だけでなく、UEFAチャンピオンズリーグのタイトル奪還を目標に定めるイタリアの絶対王者が今夏の移籍市場の仕上げとして打つ一手は、功を奏するのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/24(水) 20:18

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。