ここから本文です

“怪物”ロナウドが選んだ歴代ベスト11 豪華絢爛な陣容に、現代最高のゴールマシンの名は…

Football ZONE web 8/24(水) 21:58配信

クラブや代表でともに戦った盟友やレジェンドが並ぶ

 2002年日韓ワールドカップ優勝に貢献した元ブラジル代表FWで「怪物」と呼ばれたロナウド氏が、自身の選ぶ歴代ベストイレブンを選出。現役選手ではバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、ニューヨークシティFCのMFアンドレア・ピルロの3人が選出された。イングランドサッカー協会公式のYouTubeチャンネル「FATV」で語ったもの。

歴代の名手が勢揃い! バルサが売却した「高額移籍金選手トップ10」

 バルセロナ、インテル、レアル・マドリードなどで衝撃的な決定力を見せつけたストライカーが選んだのは、文句なしのレジェンドばかりだった。

 守備陣は盤石だ。GKは38歳にして衰え知らずのブッフォン。DFラインは両サイドバックにロベルト・カルロス、カフーというブラジル代表時代の盟友を置き、中央に元ACミランの“バンディエラ”パオロ・マルディーニ、欧州最優秀選手にも選出されたファビオ・カンナバーロというイタリア代表が誇る伝説のDFを選んでいた。

王様と2トップを組むのは… 「では自分を」

 中盤も豪華絢爛だ。右の攻撃的MFにはアルゼンチン代表の英雄ディエゴ・マラドーナが入り、ダブルボランチはレアル・マドリード監督を務めるジネディーヌ・ジダンとピルロが並び、左の攻撃的MFはメッシが収まった。アルゼンチンの新旧天才が中盤の左右に配置されている。

 そして2トップは、ワールドカップ優勝3回のサッカーの王様ことペレ、そして「自分も選んでいいの? では自分を」と、世界を席巻した怪物ストライカーを選出している。

 システムは4-4-2。タレント揃いの世界最強軍団となっているが、昨季レアル・マドリードでUEFAチャンピオンズリーグ優勝と、ポルトガル代表を欧州選手権初制覇に導いたC・ロナウドは選外だった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/24(水) 21:58

Football ZONE web