ここから本文です

メッシ、2018年は母国リーグへ? ”伝説を生んだ”地元クラブが獲得を計画

フットボールチャンネル 8/24(水) 10:10配信

 リオネル・メッシの出発地点となったアルゼンチン1部のニューウェルス・オールドボーイズが、バルセロナとの契約が満了した後に同選手の獲得を狙っているようだ。23日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 メッシはバルセロナのカンテラに所属する前、サンタフェ州ロサリオを本拠地とするオールドボーイズでユース時代を過ごしていた。そのオールドボーイズが、2018年にバルセロナとの契約が切れる時を見計らい、メッシの獲得を計画しているようだ。

 オールドボーイズのクリスティアン副社長は「私は確信している。同僚たちと同じようにね。世界最高の選手がオールドボーイズのユニフォームを着ると。メッシがこのユニフォームを着てくれたら我々は嬉しい。

メッシが試合に出場すれば世界中のメディアが注目するだろう。スポンサーも訪れて経済的な違いを作ってくれるはず。そして、我々が抱えている借金を消し去ってくれるだろうね」と語っている。2018年になった頃にはメッシは31歳になっており、アルゼンチンのクラブを移籍先として考えているかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/24(水) 10:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。