ここから本文です

17歳のレアル神童、フランスへの武者修行は破談に…理由は「年齢」

フットボールチャンネル 8/24(水) 10:40配信

 レアル・マドリーに所属する17歳のノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーは、フランスへの武者修行は断念せざるを得なくなった。23日付け『アス』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ウーデゴーは、フランス・リーグ1のスタッド・レンヌへのレンタル移籍が噂されており、移籍は決定的と見られていたが、マドリーはウーデゴーの年齢を理由に移籍させないことを決定した。

 マドリーはFIFAから未成年移籍禁止に関する罰則を受けており、現在最終判決を待っている状態である。ウーデゴーはまだ17歳であることから、スペイン国外に移籍するとFIFAの規定に違反する可能性がある。

 そのため、FIFAからのさらなる罰則を恐れたクラブは、ウーデゴーをスペイン国外へ移籍させないことに決定したという。

 FIFAの規定に抵触しないレンタル移籍となれば、行き先はスペイン国内に限られるが、ウーデゴーは18歳になる12月までマドリーに残留し、成年として迎える冬の移籍マーケットでレンタル移籍する可能性が高いと同紙は伝えている。

 弱冠16歳でマドリー史上最年少デビューを果たし、“神童”として注目を集めたウーデゴーだが、若すぎるが故にこの夏の移籍は破談となってしまった。

フットボールチャンネル

最終更新:8/24(水) 12:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)