ここから本文です

昨季衝撃デビューしたマンUの18歳FW、出場減は必至か。代表でのプレーに影響も

フットボールチャンネル 8/24(水) 11:40配信

 マンチェスター・ユナイテッドに所属する18歳のイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、監督交代や新戦力加入によって厳しい立場に立たされている。23日に英紙『メトロ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ラッシュフォードは今年2月に行われたアーセナル戦でトップチームデビューを果たし2得点1アシストの活躍を見せた。昨季はリーグ戦11試合に出場し5得点を記録している。

 ユナイテッドと新契約を結ぶなど、クラブからの信頼も得たラッシュフォード。しかし、今季はジョゼ・モウリーニョ監督が新しい指揮官に就任し、FWズラタン・イブラヒモビッチなどが加入したことで出場機会の減少が予想されている。

 ただ、厳しい状況になるのはクラブだけではない。イングランド代表の新指揮官に就任したサム・アラダイス監督は「昨季の彼はエキサイティングだった。ただ、(ユナイテッドで)出場機会が減少すれば私も彼を選択するのは難しくなるだろう」と語っており、代表に招集される可能性も低くなりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/24(水) 12:21

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。