ここから本文です

韓国代表ソン・フンミンがブンデス復帰!? ドルト移籍の独代表FWの代役候補に浮上

フットボールチャンネル 8/24(水) 12:10配信

 トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンに、ヴォルフスブルクが興味を示していると独紙『キッカー』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ヴォルフスブルクはドイツ代表FWアンドレ・シュールレをドルトムントに売却しており、代役となるアタッカーを探している。そこで、トッテナムで出場機会を得られていないソン・フンミンが浮上したようだ。

 クラウス・アロフスGMは3年前からソン・フンミンに関心を寄せており、3年越しの獲得実現を目指しているという。

 昨夏の移籍市場でアジア人選手としては最高額となる移籍金2200万ポンド(約29億円)でトッテナムに加入したソン・フンミンだが、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督からの評価を得ることができず、移籍が噂されていた。

 プレミアリーグでの初年度は28試合4得点だったソン・フンミンだが、ブンデスリーガではレバークーゼン、ハンブルガーSVと渡り歩いて135試合41得点という記録を残しており、ドイツ国内での評価は高い。

 しかし、トッテナムは2200万ポンドという移籍金を回収したいと考えているため、ヴォルフスブルクが獲得する場合、移籍金がネックになると同紙は伝えている。

 ソン・フンミンはオーバーエイジとしてリオ五輪に出場し、ワールドカップアジア最終予選のA代表メンバーにも選出されている。20日にトッテナムのチーム練習に合流しているが、開幕して2節を終えたリーグ戦でいまだベンチ入りできていない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/24(水) 12:18

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。